連結仕訳|当期純利益(損益)の振替

当期純利益(損益)の振替と連結仕訳を解説します。

子会社損益の振替

子会社損益について連結決算上の仕訳を行います。

仕訳のタイミング

支配獲得後(子会社化後)の決算の都度、仕訳します。

非支配株主持分

個別P/Lを単純合算しただけでは子会社損益は全額が親会社に帰属します。子会社損益の一部を非支配株主に帰属させるために連結仕訳が必要です。

会計処理

連結財務諸表における資本連結手続に関する実務指針に基づき、支配獲得後の子会社損益のうち非支配株主に帰属する部分を持分比率で算定して、非支配株主に帰属する純利益として計上し、同額を非支配株主持分に加減します。

開始仕訳

過年度の子会社損益については開始仕訳として処理します。

連結仕訳

非支配株主に帰属する当期純利益勘定非支配株主持分勘定で仕訳します。

取引子会社P/L借方科目借方金額貸方科目貸方金額
子会社利益の配分純利益非支配株主に帰属する当期純利益×××非支配株主持分×××
純損失非支配株主持分×××非支配株主に帰属する当期純損失×××

仕訳例

  • 1.子会社の当期純利益は100である。非支配株主割合20%。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1非支配株主に帰属する当期純利益20非支配株主持分20
ページトップへ