現金過不足と仕訳

現金過不足と仕訳を解説します。

現金過不足とは

現金過不足(げんきんかぶそく)とは、帳簿上の現金残高と実際の現金有高に差異があることをいいます。

現金過不足が発生した時の仕訳

現金過不足勘定を使用して仕訳します。

借方、貸方のどちらかに現金勘定を使用し、もう一方には現金過不足勘定を使用します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
帳簿 > 現金有高現金過不足×××現金×××
帳簿 < 現金有高現金×××現金過不足×××

原因が判明した時の仕訳

現金過不足の原因が分かった場合には現金過不足を減少させ、反対側に相手勘定科目を記入します。

例えば現金が1,000円不足していた原因が通信費の支払いであった場合の仕訳は次の通り。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
現金過不足の発生現金過不足1,000現金1,000
原因判明通信費1,000現金過不足1,000

決算整理仕訳

雑益勘定または雑損勘定に振り替えます。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
現金不足雑損×××現金過不足×××
現金過剰現金過不足×××雑益×××
ページトップへ