電子記録債権・債務と仕訳

電子記録債権・債務と仕訳を解説します。

電子記録債権・債務とは

電子記録債権・債務とは、電子記録により発生する債権債務です。売掛金・買掛金や受取手形・支払手形のように商品仕入れと販売取引で利用します。

電子記録債権・債務の手続き

電子記録債権法という法令に基き、「でんさいネット(株式会社全銀電子債権ネットワーク)」を代表とする電子債権記録機関が記録します。

仕訳

電子記録債権勘定電子記録債務勘定を使用して仕訳します。

取引主体借方科目借方金額貸方科目貸方金額
発生記録(の請求)債務者買掛金×××電子記録債務×××
発生記録の通知債権者電子記録債権×××売掛金×××
代金の支払い債務者電子記録債務×××当座預金など×××
代金の回収債権者当座預金など×××電子記録債権×××

仕訳例

  • 1.商品100を仕入れ代金は掛けとした。
  • 2.上記の債務を取引銀行を通じて電子債権記録機関へ発生記録の請求を行い、記録が行われた。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1仕入100買掛金100
2買掛金100電子記録債務100
ページトップへ