有形固定資産の除却と仕訳

有形固定資産の除却と仕訳を解説します。

除却とは

除却とは、事業としての資産の使用を中止することをいいます。

棄ててしまう廃棄とは異なります。

固定資産台帳の記帳

除却の事実を記録するために固定資産台帳に対象資産について除却を登録します。

除却の仕訳

固定資産除却損勘定」で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
除却減価償却費×××建物、備品など×××
減価償却累計額×××
貯蔵品×××
固定資産除却損×××

貯蔵品

資産に処分価値がある場合には売却価額を見積り、貯蔵品勘定で仕訳します。

仕訳例

  • 1.期首に備品(取得原価100、減価償却累計額70、売却価額10)を除却した。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1減価償却累計額70備品100
貯蔵品10
固定資産除却損20
ページトップへ