日商簿記3級 決算整理仕訳

更新日:2021年1月16日
公開日:2018年4月21日

前回は、収益や費用の繰延べ・見越しと、その仕訳について解説しました。

今回は、決算整理仕訳について説明します。

決算整理仕訳とは

決算整理仕訳(けっさんせいりしわけ)とは、期中に記帳する日常の仕訳とは異なる「決算書を作成するための特別な仕訳」をいいます。

期中の取引と同様に仕訳帳や伝票に仕訳を記帳します。その際の日付は全て決算日にします。

決算手続き上の位置づけ

(決算整理前の)合計残高試算表の作成や各種棚卸(たなおろし)の作業を実施した後に行うのが一般的です。

決算整理仕訳を記帳した後には、「決算振替仕訳や帳簿の締め切り」「繰越し試算表の作成」「精算表の作成」などの作業を行い、決算書の作成へと続きます。

決算整理仕訳の一覧

次の通り。決算整理仕訳は論点毎に各ページで解説しています。

内容リンク
現金過不足の処理現金過不足と仕訳
当座借越当座借越の仕訳と当座預金出納帳
商品の棚卸しと売上原価の計算3分法による商品売買取引の仕訳
貸倒引当金の見積り貸倒引当金と貸倒損失の仕訳
減価償却費の計算と計上減価償却費(直接法、間接法)と仕訳、固定資産台帳
貯蔵品の棚卸と計上通信費、収入印紙と消耗品費の仕訳
収益・費用の繰延べと見越し収益・費用の繰延べ・見越し(経過勘定)と仕訳

まとめ

今回は決算整理仕訳について解説しました。論点毎に覚えたことを問題演習をこなしてパターンを覚えていきましょう。

☆フォローお願いします
簿記2級・3級のスケジュール進捗管理に〇

過去問30回を分析した仕訳問題集

価格:480円(Kindle Unlimited対象商品)

ページトップへ