株式会社の設立と仕訳

お金と時計

株式会社の設立と仕訳を解説します。

株式会社の設立とは

株式会社の設立とは、株式会社を成立させて法人格を付与し、法律上の権利義務の主体にすることをいいます。

取引の内容

設立中の取引には、定款の作成、株式の募集、出資の払込み手続き、目論見書・株券の印刷、創立総会の開催、設立登記などが存在します。

これらの取引のうち、会社が負担する費用を創立費といいます。

出資の払込

設立手続きのうち、会計上、最も重要な取引が出資の払込みです。

資本金と資本準備金

出資の払込みは原則として全額を資本金として処理します。ただし、払込み金額の2分の1を超えない金額は資本準備金として計上できます。

仕訳

資本金勘定資本準備金勘定で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
出資の払込み当座預金×××資本金×××
資本準備金×××

仕訳例

  • 1.設立に際して払込金100を普通預金に預け入れた。全額を資本金とする。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1普通預金100資本金100
ページトップへ