日商簿記3級 詳細な解説と仕訳問題を掲載(独学を応援)

更新日;2020年6月28日
公開日:2020年2月22日

「PDCA会計」の日商簿記3級の解説と基本的な仕訳問題の記事一覧ページ。

前半に記事一覧。後半には日商簿記3級のお役立ち情報を掲載。

1.概要

2.現金預金

3.債権債務、手形、引当金

4.商品、有形固定資産

5.収益と費用、税金

6.決算手続き

7.株式会社会計

日商簿記3級の勉強方法

仕訳を覚えるには「借方」「貸方」や勘定科目、金額で構成される仕訳の形式に慣れるとともに、「取引の8分類(取引の8要素)」を覚えます。

取引の8要素を覚えるには、上の表を見ながら仕訳問題を解き、勘定科目の属性(資産、負債、純資産、収益、費用)と増加・減少がそれぞれ借方、貸方のどちらに記入されるかを確認していきます。

この作業を繰り返し行えば、自然と取引の8要素が頭に定着し、そのうち表を見なくても解けるようになります。

あとは基本テキストを読んで仕訳を理解するとともに、仕訳問題を繰り返し説くことで合格レベルの力が身に付きます。

同じ問題であっても反復演習することで成果につながります。

仕訳問題の特徴

一部難しい問題が出題されることもありますが、基本テキストを網羅すれば出題パターンは限られていますので合格点を取れます。

試験では第1問に仕訳問題が出題されますが、第2問から第5問の他の問題でも期中取引や決算整理の仕訳を解かないと正解につながりません。

勉強時間を確保してインプットとアウトプットのバランスと量を間違えなければ、合格レベルにたどり着けます。

解説と仕訳問題の使い方

基本問題を中心に掲載しました。

各記事の解説部分を読んで理解した後に仕訳例を解けば記憶定着に役立ちます。

合格レベルの力を身に付けるには

Kindleより出版している「簿記3級 問題集 仕訳徹底演習100問 傾向と対策[改訂第2版]: 実務に役立つシリーズ5 (PDCA出版)」は、本試験と同レベルかやや高いレベルの問題を掲載しています。

本書は最新の試験範囲を網羅した問題集です。各論点の問題をバランスよく掲載しています。

基本テキストを読み終えた後の力試しや試験前の直前対策としてご利用頂くと効果的です。

Kindle Unlimited会員の方は無料でご利用頂けます。

関連記事

ページトップへ