記事一覧(簿記2級)

公開日:2018年5月3日

簿記2級の試験範囲に関する解説ページの一覧です。

1.概要
その1~はじめに

2.現金預金
その15~銀行勘定調整表

3.有価証券
その17~有価証券の保有目的と区分
その18~売買目的有価証券の手続と仕訳処理
その19~満期保有目的債券の手続と仕訳処理
その20~子会社株式および関連会社株式、その他有価証券の手続と仕訳処理

4.売掛金と買掛金
その24~クレジット売掛金

5.その他の債権と債務
該当なし

6.手形
その37~営業外受取手形と営業外支払手形の仕訳処理
その38~手形の更改・不渡りと仕訳処理
その39~電子記録債権と電子記録債務の手続と仕訳処理

7.引当金その他
その41~貸倒引当金の個別評価と一括評価、B/S,P/L表示
その42~商品保証引当金と売上割戻引当金の仕訳処理
その43~賞与引当金と退職給付引当金の仕訳処理
その44~修繕引当金と返品調整引当金の仕訳処理
その45~債務保証の仕訳処理

8.商品
その51~販売のつど、売上原価勘定に振り替える方法による商品売買取引の仕訳処理
その52~仕入および売上の割引と仕訳処理
その53~商品有高帳の総平均法による記帳と棚卸減耗、商品評価損

9.有形固定資産
その57~有形固定資産の割賦購入と仕訳処理
その58~有形固定資産の圧縮記帳と仕訳処理法
その59~有形固定資産の除却、廃棄と仕訳処理
その60~建設仮勘定と仕訳処理
その61~有形固定資産の減価償却(定率法と生産高比例法)

10.無形固定資産、その他の投資
その62~無形固定資産(のれん、ソフトウェアなど)と減価償却、仕訳処理
その63~投資その他の資産(長期前払費用)と仕訳処理

11.リース会計
その64~リース会計・取引と分類
その65~ファイナンス・リース取引と仕訳処理
その66~オペレーティング・リース取引と仕訳処理

12.外貨建て取引
その67~外貨建ての営業取引の用語と手続
その68~外貨建ての営業取引と仕訳処理

13.純資産
該当なし

14.収益と費用
その77~売上収益の認識(引渡基準、出荷基準、検収基準)
その78~役務収益と役務原価の認識と仕訳処理
その79~研究開発費の仕訳処理

15.税金その他
その81~税金(法人税、住民税、事業税)の仕訳処理
その82~消費税の仕訳処理
その83~火災保険(未決算勘定)の仕訳処理

16.決算手続き
その87~決算整理仕訳(2級)
その90~決算手続き(試算表作成から帳簿締め切りまで)
その93~財務諸表(貸借対照表と損益計算書)の作成
その94~財務諸表(株主資本等変動計算書)
その95~株式会社と会社法(総論)
その96~株式発行に関する用語と会社法手続き
その97~株式会社の設立と開業の仕訳処理
その98~新株発行(増資)の仕訳処理
その99~剰余金の配当、処分、株主資本の計数変動に関する用語と会社法手続き
その100~剰余金の配当、処分、株主資本の計数変動に関する取引の仕訳処理
その101~株式会社の合併と仕訳処理、評価・換算差額等
その102~本支店会計と仕訳処理
その103~連結会計の概要
その104~資本連結(支配獲得時)の仕訳処理
その105~開始仕訳と資本連結(支配獲得後)の仕訳処理
その106~連結会社間取引の考え方との仕訳処理(商品の販売と仕入れ)
その107~連結会社間取引の仕訳処理(土地の売却と取得、配当金の配当と受け取り)
その108~未実現利益(ダウンストリームとアップストリーム)の仕訳処理
その109~連結精算表の作成
その110~連結財務諸表の作成
その111~税効果会計とは(仕組みと手続きの解説)
その112~税効果会計の仕訳処理


一覧


【運営者情報・免責事項】





関連リンク

会計入門
~実務に役立つ会計の入門

決算書が読めるようになるサイト。「実務に役立つシリーズ」第1弾!!

原価計算入門
~簿記資格の学習を支援

衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

会計ヘッジ
将来リスクを回避するためのサイト

会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

日商簿記検定の勉強におすすめの過去問題集

日商簿記検定だけでなく、どの資格試験でも過去問を解くことは有効な勉強方法です。日商簿記検定の過去問の入手方法は次の通り。(1)WEB(解答や分析・傾向のみ)・・・

日商簿記検定2級|次回の試験情報(出題論点など)

商工会議所サイトには改正論点のサンプル問題や出題範囲変更箇所が掲載されています。使用する勘定科目も変更するので、過去問の出題意図も含めて・・・

日商簿記検定2級の合格に必要な勉強時間とは

個々人によって勉強時間は異なるのは当然ですが、合格するのに必要とされる標準的な勉強時間を知らないと学習スケジュールを立てることができません。日商簿記検定2級は・・・