記事一覧(簿記3級)

公開日:2018年4月23日

簿記3級の試験範囲に関する解説ページの一覧です。

1.概要
その1~はじめに
その2~資産・負債・純資産と貸借対照表との関係
その3~収益・費用・利益と損益計算書との関係
その4~貸借対照表と損益計算書との関係
その5~取引と仕訳
その6~勘定と転記
その7~帳簿(仕訳帳と総勘定元帳)と伝票

2.現金預金
その8~現金の範囲、小切手の振出と管理、仕訳処理
その9~現金(為替証書、配当金領収証、公社債利札の仕訳処理)
その10~現金出納帳の記帳方法
その11~現金過不足と仕訳処理
その12~普通預金、定期預金と当座預金の仕訳処理
その13~当座借越の仕訳処理と当座預金出納帳
その14~小口現金と仕訳処理、小口現金出納帳

3.有価証券
その16~有価証券と仕訳処理(取得、売却、利息、配当金)

4.売掛金と買掛金
その21~売掛金、買掛金の手続と仕訳処理
その22~売掛金と買掛金の記帳(得意先、仕入先元帳、人名勘定)
その23~売掛金明細表と買掛金明細表

5.その他の債権と債務
その25~貸付金・借入金の手続と仕訳処理
その26~未収入金と未払金の仕訳処理
その27~前払金と前受金の仕訳処理
その28~立替金と預り金の仕訳処理
その29~仮払金と仮受金の仕訳処理
その30~商品券と他店商品券の仕訳処理

6.手形
その31~手形の種類と取り扱い
その32~受取手形と支払手形の仕訳処理
その33~手形の裏書譲渡の取り扱いと仕訳処理
その34~手形の割引の取り扱いと仕訳処理
その35~受取手形記入帳と支払手形記入帳
その36~手形貸付金と手形借入金の仕訳処理

7.引当金その他
その40~貸倒引当金と貸倒損失の仕訳処理

8.商品
その46~分記法による商品売買取引の仕訳処理
その47~3分法による商品売買取引の仕訳処理
その48~仕入・売上の返品、値引きに関する仕訳処理
その49~売上帳と仕入帳の記帳方法
その50~商品有高帳と先入先出法、移動平均法

9.有形固定資産
その54~有形固定資産の取得と仕訳処理
その55~有形固定資産の売却と仕訳処理
その56~有形固定資産の減価償却と仕訳処理

10.無形固定資産、その他の投資
該当なし

11.リース会計
該当なし

12.外貨建て取引
該当なし

13.純資産
その69~純資産(資本金と引出金)の仕訳処理

14.収益と費用
その70~収益と費用その1(受取家賃、地代、手数料の仕訳処理)
その71~収益と費用その2(発送費の仕訳処理)
その72~収益と費用その3(給料の仕訳処理)
その73~収益と費用その4(広告宣伝費、支払手数料と旅費交通費の仕訳処理)
その74~収益と費用その5(通信費と消耗品費の仕訳処理)
その75~収益と費用その6(水道光熱費、支払家賃、地代と保険料の仕訳処理)
その76~収益と費用その7(雑費と保管費の仕訳処理)

15.税金その他
その80~税金の仕訳処理

16.決算手続き
その84~試算表の作成
その85~収益・費用の繰延べ・見越し(経過勘定項目)と仕訳処理
その86~決算整理仕訳(3級)
その88~帳簿の締め切りと英米式決算法
その89~決算振替仕訳と元帳上での帳簿締め切り
その91~精算表の作成
その92~貸借対照表と損益計算書の作成


一覧


【運営者情報・免責事項】





関連リンク

会計入門
~実務に役立つ会計の入門

決算書が読めるようになるサイト。「実務に役立つシリーズ」第1弾!!

原価計算入門
~簿記資格の学習を支援

衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

会計ヘッジ
将来リスクを回避するためのサイト

会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

日商簿記検定の勉強におすすめの過去問題集

日商簿記検定だけでなく、どの資格試験でも過去問を解くことは有効な勉強方法です。日商簿記検定の過去問の入手方法は次の通り。(1)WEB(解答や分析・傾向のみ)・・・

日商簿記検定2級|次回の試験情報(出題論点など)

商工会議所サイトには改正論点のサンプル問題や出題範囲変更箇所が掲載されています。使用する勘定科目も変更するので、過去問の出題意図も含めて・・・

日商簿記検定2級の合格に必要な勉強時間とは

個々人によって勉強時間は異なるのは当然ですが、合格するのに必要とされる標準的な勉強時間を知らないと学習スケジュールを立てることができません。日商簿記検定2級は・・・

個人事業主の開業手続に必要な書類(所得税、社会保険、消費税など)

個人事業主として開業するためには、法人ほど厳格な手続きは必要ありません。しかし、税務や社会保険に関する所定の手続きは存在します。ビジネスの最初のステップであり、誰もが・・・

個人事業主が開業前支出を必要経費として所得税確定申告する方法(範囲と仕訳)

個人事業主として事業を開始するためには開業手続きを行う必要があります。具体的には開業届けを税務署に届け出ることで事業開始の日付を定めます。しかし、開業する前の準備のために・・・

個人事業主とフリーランスの納税地の選び方と引っ越し時の手続き

個人事業主やフリーランスは毎年、所得税の確定申告を行いますが、その際に提出先となる所轄の税務署を決めるのが「納税地」です。ここでは、納税地の選び方と・・・