PDCA会計の電子書籍はAnazon KINDLEと楽天KoboとGoogle Play Booksで発売中

PDCA会計が出版する書籍の紹介ページです。

簿記の売れ筋ランキング(KINDLE)でも、試験日が近づくとTOP10にランキングし、少しずつ注目を集めています。

PDCA会計のテキスト

会計と日商簿記2級と3級のテキストを発売中。

日商簿記2級の論点でも難しい「連結会計」と「税効果会計」は1冊のテキストにしました。単なる仕訳の暗記ではなく理解したい方におすすめです。

PDCA会計の問題集

日商簿記2級と3級の仕訳問題集を発売中。

最近30回分の過去問の傾向を分析し、類題やオリジナル問題として100問(演習問題+模擬問題)の仕訳問題を掲載しました。1問1答形式であり、1つの問題と解答、解説がセットになっているので、スマートフォン上でいつでもどこでも学習できます。

書籍の特徴

PDCA会計電子書籍の特徴は次の通りです。

1.実務に役立つ明解解説
会計基準からそのまま持ってきた用語や単なる仕訳解説ではなく、実務に役立つ解説や画像も使いながら分かりやすくかつ簡潔明瞭に解説しています。

2.学習に適した表示形式
リフロー型電子書籍」という形式を採用しています。有名書籍が採用している形式は「固定レイアウト型電子書籍」といいます。

固定レイアウト型電子書籍の場合、1ページに沢山の情報を掲載できますが文字が小さく、文字を拡大すると拡大部分以外の情報は画面からはみ出てしまいます。

リフロー型電子書籍の場合、画面から文字がはみ出ることなく文字を自由に拡大縮小できます。フォント形式も変更できます。

さらにリフロー型電子書籍では電子書籍端末・アプリのマーカー機能やメモ機能、検索機能を使用できます。

スマートフォンで効率よく学習するには最適な形式です。

3.コストパフォーマンス
少しずつ知名度が上がってきていますが有名書籍に比べるとほとんど知られていません。

そこで有名書籍と比較して圧倒的に低価格に設定して販売しています。

Youtube動画-中身を一部公開

スマートフォン上で電子書籍を操作した動画(楽天Koboアプリ)です。文字サイズやマーカー、メモ機能が自由に使えます。

ページトップへ