決算書の見方が分かるサイト|実務に役立つ会計の入門

更新日:2018年7月5日
作成日:2013年2月11日

当サイトでは、実際の仕事の場で役立つ決算書の見方について、有用な情報を提供します。

有用な情報とは

【経営者】会社の経営活動を数字の視点で把握することができる。
【営業マン】取引先・見込み客について顧客の優先付けに役立つ。
【投資家】IR情報を利用することで株式を購入する際の意思決定に役立つ。
【就職活動】就職を考えている会社の現状を把握できる。さらに他の情報を組み合わせて将来予測も可能。
【学生・受験生】簿記や会計学の知識を具体的なイメージに落とし込むことができ、知識が定着する。

当サイトの特徴

簿記や会計学というと「とっつきにくい」イメージがあります。当サイトでは専門用語を分かりやすく説明しています。従って、定義をやさしい言葉に置き換えて説明。また「借方・貸方」「仕訳」は使用しません。

事例を多く用いて、実務でも役立つように実践的な情報を提供します。当サイトを理解すれば財務情報の基本的な見方は押さえることができます。

また、「実際の決算書を読むための基本的な知識を身につけるのに役立つサイト」という目的から、実際の生活や仕事の中で、よく目にする上場企業の決算書を想定して具体例を掲載(貸借対照表、損益計算書)。当該決算書の見方(区分や勘定科目の説明)や分析手法を基本的なところから紹介しています。

以上の特徴を持つ当サイトが皆さんの実務の習得や受験、資格勉強の知識の定着への一助となれば幸いです。

サイト紹介

1.会計入門~実務に役立つ会計の入門
→当サイト。これから会計を学習する方が決算書を読めるようになることを目的としたサイトです。

難解な会計用語を分かりやすく説明しています。また、実務的な切り口で具体的な事例(架空の決算書)を取り上げて解説しています。

※このサイトを初めて利用する方は、最初に「その1~はじめに(必ずお読み下さい)」をお読みください。当サイトの概要や学べること、利用上の注意事項などを記載しています。

2.商業簿記入門~実務に役立つ簿記の入門
→簿記2級、3級の商業簿記を対象に解説しています。

1.のサイトとは異なり、決算書ではなく、商業簿記の仕訳処理を中心とした簿記の解説になっており、簿記資格の取得に直接役立つサイトになっています。

他の簿記資格学習サイトと比較して、実務の話を多く取り上げていることが特徴です。

例えば、小切手や手形のサンプルを掲載して実務に役立つ取り扱い方を解説しています。また、資格で学ぶ簿記と実務で扱う会計ソフトとの記帳(入力)の違いなどについても説明しています。

簿記資格の学習には直接関係はありませんが、実務が分かると、それぞれの勘定科目の仕訳処理についてもイメージしやすくなるため、簿記学習の理解を促進する効果が期待できます。

3.原価計算入門~簿記資格の学習を支援
→簿記2級の工業簿記を対象に解説しています。

ズボン製造メーカーを例として、例題を掲載し、例題を解説する方式にしました。

工業簿記の難しさの1つに全体像が把握しにくいということが挙げられます。

そこで、各テーマにまとめページを公開しています。また、実際原価計算、標準原価計算、直接原価計算の各原価計算の流れが分かるページも公開しました。