個人事業主の確定申告入門~商品の仕入れに関する仕訳

公開日:2019年2月17日

商品の仕入れに関する仕訳

今回は、商品の仕入れに関する仕訳について解説します。

取引例

  • 1.八百屋を営むAは、野菜をまとめて15万円で仕入れ、配送料1万円を含めて、掛け払いとした。
  • 2.ネットショップで古本を販売するBは、大量の古本を5万円で仕入れ、配送料5千円を含めて家庭の預金口座より、振り込んだ。
  • 3.インテリアを店舗販売するCは、海外の有名ブランドチェア1脚を10万円(税抜 運賃や関税などを含む)で購入し、事業用の普通預金口座から振り込んだ。

仕訳

  • 1.仕入 160,000 / 買掛金 160,000
  • 2.仕入 55,000 / 事業主借 55,000
  • 3.(1)免税事業者の場合
  • 仕入 108,000 / 普通預金 108,000
  • (2)課税事業者の場合
  • 仕入 100,000 / 普通預金 108,000
  • 仮払消費税 8,000 /

1.商品

商品とは、加工せずに販売できるモノをいいます。

個々の会社や個人事業主によって、同一のモノであっても、製造に投入する材料の場合もあります。

従って商品とは、その会社や個人事業主にとって、手を加えることがない、製造過程が不要なモノとしてすぐに販売できるモノといえます。

2.商品仕入れの取得原価

商品を仕入れた場合に、商品を表す勘定科目に計上する金額を「取得原価(しゅとくげんか)」といいます。

商品を仕入れた場合の取得原価には、商品自体の対価だけでなく、商品を入手するまでに要した費用が含まれます。

例えば、仕入先の倉庫から手許に届くまでの配送料や、代理業者が存在する場合に代理業者へ支払った支払手数料などです。

海外からモノを仕入れた場合には関税なども商品仕入れの取得原価として計上します。

3.海外商品を輸入した場合の消費税

海外商品を輸入した場合にも、国内で行った取引であることから消費税がかかります。

従って、通常の国内取引と同様に消費税について仕訳します。

具体的には、消費税が免除される免税事業者の場合には、税込み方式によって、商品仕入れの取得原価に消費税も含めて仕訳します。

課税事業者で税抜き方式を採用している場合には、借方に仮払消費税勘定を使用して仕訳します。

4.仕訳の解説

今回は、商品仕入れは「仕入勘定」を使用して記入する方法で仕訳しました。

その他、商品勘定を使用する方法なども存在します。

使用する勘定科目については、「5.関連リンク」にて、簿記検定サイトのページを掲載しましたので、ご参考ください。

1.商品自体の対価15万円に配送料1万円を含めて、16万円を仕入勘定で記入して仕訳します。

2.ネットショップからの購入も同様です。ここでは配送料5千円を仕入勘定に含めます。

3.海外からの輸入取引の例です。この取引だけ消費税も取り扱う問題としています。

免税事業者の場合には、仕訳は税込み処理で記入するのが通常です。

運賃だけでなく、関税なども含めた10万円(税抜)と、消費税8千円(10万円×8%)を合計した10万8千円を仕入勘定に記入します。

課税事業者で、税抜き方式を使用する場合には、消費税8千円は「仮払消費税勘定」を使用して仕訳します。

5.関連記事

商品仕入れに関する他コンテンツを含めた関連リンクになります。

☆フォローお願いします
簿記2級・3級のスケジュール進捗管理に〇

<広告>PDCA会計の電子書籍

スマホ上でも読みやすいリフロー型電子書籍

有名書籍のように1ページに情報を詰め込んでいないので、読みやすくスマートフォンで空き時間にどこでも効率よく学習できます。

Amazon Kindleと楽天KoboとGoogle Play Booksから発売(販路拡大中)。

電子書籍の一覧ページ→PDCA会計の出版書籍

本サイトの解説をまとめた会計の入門書籍

本Webサイトのコンテンツよりも品質を高めた基本テキスト

本Webサイトとは解説も図表も異なる、分かりやすいオリジナルの工業簿記テキスト

過去問30回を分析した仕訳問題集

ページトップへ