開業前の準備に関する取引の仕訳~個人事業主の経理入門

公開日:

開業前の準備に関する取引の仕訳

今回は、開業する前に準備行為として取引を行った場合の仕訳を中心に解説していきます。

取引例

  • 4月1日に開業した。なお、開業前の準備として次の取引を行った。
  • 1.名刺を作成し、作成代3万円を支払った。
  • 2.WEB制作を依頼し、制作業者に20万円を支払った。
  • 3.チラシやDM制作費用として5万円を支払った。
  • 4.販売用の商品15万円を仕入れた。
  • 5.営業用の自動車100万円を購入した。

仕訳

  • 4月1日
  • 1.開業費 30,000 / 元入金 30,000
  • 2.開業費 200,000 / 元入金 200,000
  • 3.開業費 50,000 / 元入金 50,000
  • 4.商品 150,000 / 元入金 150,000
  • 5.車両運搬具 1,000,000 / 元入金 1,000,000

解説

以下、解説です。

1.開業費

開業前の準備として、事業のために特別に支出した費用のうち、支出の効果が1年以上に及ぶものを開業費といいます。

「開業費」という勘定科目ですが、資産に属する勘定科目です。

資産に計上後、一定の償却方法に従って毎年の必要経費として計上します。

2.開発費の範囲

開業前の準備として行うような取引はほとんど開業費として計上できます。

取引例以外にも次の取引が考えられます。

  • ・市場調査や事業計画策定
  • ・認可事業のための免許取得
  • ・10万円未満のPCや机など備品購入
  • ・事業所オフィスの賃借料

開業後には、「広告宣伝費」「消耗品費」「事務用品費」「支払手数料」といった勘定科目で仕訳する取引が多いです。

3.開発費の償却

開業費は計上後、5年の均等償却、または任意償却が認められています。

即ち、5年の均等償却を適用した場合には、取引例の1.の名刺作成代2万円は5年(60ヶ月)で1ヶ月当たり500円で均等に必要経費として計上します。

任意償却を適用した場合には、開業後、どの年でも計上できますし、金額も償却の累計額が3万円の範囲内であれば、いくらでも構いません。

初年度に3万円全額を償却しても構いませんし、2年後に1万円、10年後に2万円を計上も認められます。

なお償却時の仕訳は「開業費償却 ××× / 開業費 ×××」となります。

借方は繰延資産償却でも問題ないでしょう。

4.開業費に含めないもの

次のものは開業費に含めません。

  • ・10万円以上の固定資産
  • ・棚卸資産

減価償却の対象となる資産は、所得税法上、定めがあり、開業費とは異なる償却期間(耐用年数)が定められているため、固定資産として処理する必要があるからです。

棚卸資産は販売時に売上原価になるので、ある期間中効果が及ぶという性質は持っていません。従って、開業費ではありません。

5.ホームページ作成費用について

チラシやDMと同様、広告宣伝のためと考えることができます。

従って、開業費として計上します。

ただし、ソフトウェア機能としての性格が強い場合には、ソフトウェアとして固定資産の分類になります。

「ソフトウェア機能」の例としては、ショッピングサイトや会員制サイト、掲示板といった、HTMLやCSSだけでなく、PHP、Javaを始めとしたサーバサイドのプログラミング言語を使用している場合です。

このような場合には、その機能部分の金額はソフトウェアとして、固定資産計上し、5年で償却します。

6.仕訳の解説

開業前の支出は全て個人の現金、預金口座やクレジットからになります。事業用の現金や口座はないため、「現金」「普通預金」といった勘定科目は使用しません。

個人から捻出した支払は「事業主借」勘定を使用しますが、開業日に事業に投下した元手という意味合いから、貸方は全て「元入金」とします。

事業主借でも特に問題ないのではと思います。

4.と5.は上記の通り、開業費に該当しないことから、それぞれ借方には棚卸資産(商品勘定)と固定資産(車両運搬具勘定)を記入します。

7.関連リンク





関連リンク

会計入門
~実務に役立つ会計の入門

決算書が読めるようになるサイト。「実務に役立つシリーズ」第1弾!!

原価計算入門
~簿記資格の学習を支援

衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

商業簿記入門
~2級、3級の資格学習を支援

サイト管理者の経験も交えて実務的な視点で解説。「実務に役立つシリーズ」第3弾!!

会計ヘッジ
将来リスクを回避するためのサイト

会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

個人事業主の開業手続に必要な書類(所得税、社会保険、消費税など)

個人事業主として開業するためには、法人ほど厳格な手続きは必要ありません。しかし、税務や社会保険に関する所定の手続きは存在します。ビジネスの最初のステップであり、誰もが・・・

開業届の書き方 | 個人事業主、フリーランス向け解説

個人事業主として開業するためには法人ほど厳格な手続きは必要ありません。しかし、最初の手続きであるだけに間違えたくはないでしょう。そこでこのページでは、個人事業主・・・

個人事業主が青色申告を選択するメリットや開業時の手続きを詳しく解説

個人事業主やフリーランスは毎年、所得税の確定申告を行いますが、その際に提出先となる所轄の税務署を決めるのが「納税地」です。ここでは、納税地の選び方と・・・

青色申告承認申請書の書き方 | 個人事業主、フリーランス向け解説

個人事業主の提出書類は法人ほど厳格な手続きは必要ありません。しかし、官公庁関連の書類であるだけに間違えたくはないでしょう。そこでこのページでは、個人事業主や・・・

税金の種類まとめ | 個人事業主・フリーランス向け解説

個人事業主やフリーランスの方は税金を国に納める必要があります。しかし、納める税金には、様々な種類があり、それぞれの特徴や計算方法、納付期限などを把握・・・

個人事業主・フリーランスの所得税 | 赤字の繰越しと繰戻し還付を詳しく解説

個人事業主やフリーランスの方は所得税を国に納める必要があります。この所得税には様々な制度が存在し、これらの制度を適切に組み合わせることで納める税金を・・・