会計入門その9~固定資産の資産計上と減価償却

更新日:2018年12月27日
作成日:2012年4月22日

固定資産の資産計上と減価償却

前回、「会計入門その8~固定資産の区分」では、固定資産の区分について解説しました。

今回は、固定資産が資産として計上される理由やその評価額、および減価償却について解説します。

※固定資産の仕訳処理については「商業簿記入門~2級、3級の資格学習を支援」の下記ページにて解説していますのでこちらをご参照ください。

商業簿記入門その54~有形固定資産の取得と仕訳処理
商業簿記入門その55~有形固定資産の売却と仕訳処理
商業簿記入門その56~有形固定資産の減価償却と仕訳処理

<学習ポイント>
1.資産である理由
 ・2つの考え方
2.評価と減価償却
 ・取得(計上)
 ・減価償却の方法
3.取得原価主義
4.減価償却資産


貸借対照表
固定資産が資産である理由

会計入門その4~資産と負債、純資産の関係」では、資産について次の通り説明しました。

お金がどれだけあり、また、将来、現金として入金されそうなお金や提供を受けるモノやサービスがどれだけあるのか。

この説明に当てはめて固定資産を考えてみます。

1つの考え方として、固定資産自体を売却することができるので、将来現金として入金されそうだ、という考え方ができます。

①換金価値があるからといった言い方をします。

もう1つの考え方として、会社は固定資産を利用することで、モノやサービスを製造・販売している。その結果、売上・利益を出してお金を儲けている。従って将来、入金されるであろう現金の獲得に貢献しているから資産である、という考え方があります。

こちらは②売上利益の稼得に貢献するからから、という考え方です。


固定資産の計上(評価)と減価償却

これで固定資産が資産である理由は分かりました。

次に固定資産の評価、すなわち「いくらで会計処理するのか?」を考えていきましょう。

例えば、受取手形や売掛金は、モノ・サービスの販売額がそのまま資産として計上する金額になるので分かりやすいと思います。将来現金として入金されそうな金額であり、資産の説明をそのまま当てはめて考えることができます。厳密には貸倒引当金の存在も考えなければなりませんが、イメージはしやすいでしょう。

※貸倒引当金は、「会計入門その12~貸倒引当金」で解説しています。よろしければご訪問ください。

ここでは、固定資産の評価について、上述した2つの理由から考えてみたいと思います。

【補足】
固定資産を資産計上する理由について、考え方を紹介しています。現状の我が国の会計制度(会計基準)については「会計入門その11~固定資産と減損会計」で、まとめていますので、よろしければご訪問ください。

【②売上利益の稼得に貢献の視点で固定資産の評価を考えた場合】
最初に②売上利益の稼得に貢献の視点から考えてみたいと思います。

例えば、会社の本社ビルがあります。会社はこの本社ビルを1億円で購入したとします。

その後、会社はこの本社ビルでモノやサービスを開発・製造・販売、管理といったように事業活動のために使用してきました。その結果、売上・利益を継続的に稼得することができています。

このような場合、本社ビル(表示科目では建物)は貸借対照表にいくらで計上すればいいと思いますか?

上述の通り、確かに本社ビルは会社の売上・利益に貢献しており、経済的価値はあるといえそうです。資産=将来に向けて経済的価値がある、となります。

それでは、この「経済的価値」とはいくらになるでしょう。100万円?1,000万円?1億円?それとも10億円?

人によって様々な回答が予想できます。従って、会社によって資産に計上する建物の金額に対する考え方にバラツキが出てしまうことになり、例えば、同じ1億円で購入したとしてもA社とB社とで貸借対照表に計上する建物の金額が違ってしまうことになります。

しかし、当初の決算書を作る目的から考えてみると非常によくないことになります。なぜならば、「会計入門その2~なぜ決算書を作成するのか?」で説明した通り、投資家が会社に投資するかどうかの判断資料として決算書を利用するからです。

その投資判断の際に、同じルールで決算書が作成されていなければ、A社とB社、どちらに投資したらいいのかが分かりません。


【減価償却】
そこで、人によってバラツキがあるならばルール化しましょう、となります。具体的には建物は次のように資産計上します。

1.固定資産を取得した時:購入した金額で計上
2.固定資産の使用を開始してから:ある一定のルールに基づいて算定した金額を、1の金額から差し引いて計上

2.の「一定のルールに基づいて1.の金額から差し引く金額を算定すること」を減価償却といいます。

減価償却:長期間にわたって使用される固定資産の取得(設備投資)に要した支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分する手続き

さて、上記のルールで本社ビルの資産計上額を算定してみましょう。まずは1.本社ビルを購入した時です。1億円で購入したわけですから、この時点で貸借対照表を作成した場合には1.の通り、「建物 1億円」となります。千円単位で計上する場合には、「建物 100,000(千円)」です。

【補足】
購入額で評価(計上)する考えを「取得原価主義」といいます。一方で時価など、その時点での市場価格で評価する考え方を「時価主義」といいます。

次に2.です。本社ビルの使用を開始して決算を迎えた時に、1.で計上した金額(1億円)から差し引く金額を減価償却で算定した結果、2百万円になったとします。

従って、決算時に貸借対照表に計上する金額は、1億円-2百万円=9,800万円となるため、「建物 9,800万円」、千円単位であれば、「建物 98,000(千円)」と表示します。本社ビルを使った分、時の経過に応じて、将来の経済的価値も目減りしたということです。

【補足】
具体的な減価償却の方法としては定額法、定率法など様々な方法があります。我が国の会計慣行では、通常は法人税法に基づいて減価償却を計算します。

【減価償却資産】

このように固定資産の計上額には、減価償却を行います。減価償却の対象となる資産を減価償却資産といいます。減価償却資産には次のようなものがあります。

有形固定資産:建物、構築物、機械装置、車両運搬具、工具、器具備品など
無形固定資産:ソフトウェア、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、のれんなど

有形固定資産である土地や、投資その他の資産に区分される科目は減価償却資産には該当しません。なぜならば、これらの資産は時の経過に応じて使用した分、経済的価値を減少させるという考え方にはそぐわないと考えるからです。

この点については、冒頭に説明しました固定資産が資産である理由のうち、①換金価値があるから、という理由で説明します。「その10~固定資産と時価主義」をご参照ください。


戻る | 次へ





記事一覧


  • 1.概要
    その 1~はじめに(必ずお読み下さい)
    その2~ なぜ決算書を作成するのか?

  • 2.貸借対照表
    その3~ 貸借対照表の見方
    その4~ 資産と負債、純資産の関係

  • 3.資産の部
    その5~ 資産の区分、受取手形と売掛金、有価証券
    その6~ 棚卸資産
    その7~ 未収入金と経過勘定
    その8~ 固定資産の区分
    その9~ 減価償却と資産計上
    その10~ 固定資産と時価主義
    その11~ 固定資産と減損会計
    その12~ 貸倒引当金

  • 4.負債の部
    その13~ 負債の区分 支払手形と買掛金、短期借入金
    その14~ 未払金と経過勘定
    その15~ 未払法人税等と預り金
    その16~ リース債務と退職給付引当金

  • 5.純資産の部
    その17~ 純資産とは
    その18~ 資本金と資本準備金
    その19~ 資本取引・損益取引区分の原則
    その20~ 貸借対照表の分析

  • 6.損益計算書
    その21~ 損益計算書とは
    その22~ 売上高と実現主義
    その23~ 売上原価と費用収益対応の原則
    その24~ 売上総利益と粗利率・原価率
    その25~ 販売費及び一般管理費
    その26~ 営業利益・営業利益率
    その27~ 営業外収益・費用と経常利益
    その28~ 特別損益と当期純利益その他

  • 7.財務分析
    その29~ 財務指標
    その30~ B/SとP/Lの財務分析


  • 【運営者情報・免責事項】



    関連リンク

    商業簿記入門
    ~2級、3級の資格学習を支援

    サイト管理者の経験も交えて実務的な視点で解説。「実務に役立つシリーズ」第3弾!!

    原価計算入門
    ~簿記資格の学習を支援

    衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

    会計ヘッジ
    将来リスクを回避するためのサイト

    会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

    個人事業主の開業手続に必要な書類(所得税、社会保険、消費税など)

    個人事業主として開業するためには、法人ほど厳格な手続きは必要ありません。しかし、税務や社会保険に関する所定の手続きは存在します。ビジネスの最初のステップであり、誰もが・・・

    個人事業主が開業前支出を必要経費として所得税確定申告する方法(範囲と仕訳)

    個人事業主として事業を開始するためには開業手続きを行う必要があります。具体的には開業届けを税務署に届け出ることで事業開始の日付を定めます。しかし、開業する前の準備のために・・・

    個人事業主とフリーランスの納税地の選び方と引っ越し時の手続き

    個人事業主やフリーランスは毎年、所得税の確定申告を行いますが、その際に提出先となる所轄の税務署を決めるのが「納税地」です。ここでは、納税地の選び方と・・・

    商業簿記入門その22~売掛金と買掛金の記帳(得意先、仕入先元帳、人名勘定)(3級)

    売掛金と買掛金についても、主要簿の記帳は他の勘定科目と同様です。すなわち、会社の売掛金と買掛金の増減取引は、仕訳帳または伝票に記入・・・

    商業簿記入門その23~売掛金明細表と買掛金明細表(3級)

    売掛金元帳(得意先元帳)や買掛金元帳(仕入先元帳)を補助簿として使用すれば、各取引先ごとに売掛金、買掛金の増減や残高・・

    商業簿記入門その24~クレジット売掛金(2級)

    クレジット売掛金とは、クレジットカードを利用した売上取引に使用する勘定科目をいいます。得意先が、売上代金の支払にクレジットカード・・・

    商業簿記入門その25~貸付金・借入金の手続と仕訳処理(3級)

    貸付金とは、金銭を他の会社(若しくは人間)に貸し付けた場合に発生する、利息や貸し付けたお金を回収する権利(債権)の・・・

    原価計算入門その30~単純総合原価計算(製品別計算、度外視法)

    【製品別計算(単純総合原価計算)】今回は設例を用いて解説します。【設例】衣服メーカーは、1種類のズボンを生産しており、原価計算方法は単純総合原価計算を採用している。・・・

    原価計算入門その31~等級別総合原価計算(製品別計算、等価係数)

    【製品別計算(等級別総合原価計算)】今回から等級別総合原価計算を解説します。等級別総合原価計算とは、単一製品だが、大きさ、形状等が異なる製品を大量生産する場合に採用される原価計算制度です。・・・

    原価計算入門その32~組別総合原価計算(製品別計算、組間接費)

    【製品別計算(組別総合原価計算)】今回は組別総合原価計算を解説します。組別総合原価計算とは、同一工程で異なる製品を生産する場合に採用する原価計算制度です。・・・

    会計入門その10~固定資産と時価主義

    時価と固定資産の計上額さて、前回からの続きです。前回は固定資産が資産となる理由について2点、説明し、そのうち1つの視点(固定資産は会社の売上利益・・・

    会計入門その11~固定資産と減損会計

    固定資産の計上:まとめ前回と前々回で固定資産について2つの視点から計上金額について考えてみました。2つの視点というのは、1.換金価値がある 2.売上利益に・・・

    会計入門その12~貸倒引当金

    引当金引当金とは、企業会計原則に次のように定義されています。将来の特定の費用又は損失であって、その発生が当期以前の事象に起因し、発生の可能性・・・

    会計入門その13~負債の区分 支払手形と買掛金、短期借入金

    負債とはまずは復習。負債:将来、支払いとして出金がありそうなお金や提供するサービス(義務)がどれだけあるのか。資産とは逆です。・・・