会計入門その14~未払金と経過勘定

更新日:2019年7月15日
作成日:2012年4月28日

未払金と経過勘定

前回、「会計入門会計入門その13~負債の区分 支払手形と買掛金、短期借入金」では、負債の区分や流動負債の科目のうち、支払手形、買掛金、短期借入金について説明しました。

今回は未払金と経過勘定について説明します。

特に、経過勘定の一つである未払費用について、未払金との違いに言及しながら例を使って解説していきます。


貸借対照表
未払金

未払金(みばらいきん)は、流動資産である未収入金と対をなす流動負債の表示科目です。

すなわち、モノの購入や、サービスの提供は受けたにも関わらず、後でお金を支払う場合に使用する科目です。

代表的な取引としては、固定資産、例えば土地や車、有価証券などの購入があります。

同じくモノやサービスを購入した時に使用する科目として支払手形や買掛金がありますが、その違いも未収入金と受取手形・売掛金との違いと同様です。

会社の営業取引である場合には支払手形や買掛金を使用し、営業取引以外であれば未払金を使用します。


経過勘定

経過勘定(けいかかんじょう)については、これまでに前払費用の回にて説明しました。

今回は経過勘定のうち、未払費用について説明します。

【未払費用】

未払費用も前払費用と同様、「企業会計原則(きぎょうかいけいげんそく)」に、次の定義が記載されています。

「未払費用とは、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、すでに提供を受けた役務に対していまだその対価の支払いが終わらないものをいう。」

前払費用では代表的な取引が少ないのですが、未払費用にはどの会社でもよく使われる代表的な取引が多いです。

サービス提供を受けたにも関わらず、未払いである取引に使用します。代表的な取引は次の通りです。

  • ・水道・電気・ガスなどの公共サービスの利用
  • ・労働の対価としての給与や法定福利費(社会保険料)
  • ・借入利息の発生

後払いする取引に使用されます。

これらの取引について上の定義にあてはめて説明します。

「一定の契約に従い」⇒会社が上記のサービスを受ける代わりにお金を支払うという約束(契約)を交わします。

給与ならば雇用契約が該当します。雇用契約を締結した結果、社会保険料を会社が約半分、負担することになり、法定福利費が発生します。

「継続して役務の提供を受ける場合」⇒モノの購入やサービスの提供を継続的に受けます(1回限りではない)。

継続した取引であるため、月毎とか2ヶ月毎とか区切りのいい時に、それまでに購入・提供を受けたモノ・サービスについて請求書が届きます。

「すでに提供を受けた役務に対していまだその対価の支払いが終わらないもの」⇒後払いということです。


【未払金と未払費用との違い】

未払費用と同様、未払金も営業取引以外の取引で、かつ後払いの時に使用する科目です。

未払金と未払費用の違いのポイントは次の3点です。

1.継続した取引かどうか

一時的な取引の場合⇒未払金
継続して役務の提供を受ける場合⇒未払費用

2.債務として確定しているかどうか

債務として確定している場合⇒未払金
債務として確定していない場合⇒未払費用

ここでの、「債務として確定している」とは、契約などに金額やサービス提供期間、支払期日が記載している場合や、モノの受け渡しやサービス享受は完了し、請求書が届いた場合など、金額とサービス提供期間(またはモノの引き渡し)、支払期日が確定していることをいいます。

3.支払期限が到来しているかどうか

すでに支払い期限が到来しているにも関わらず、支払っていない場合⇒未払金
支払期限が到来していない場合⇒未払費用

この3つのポイントから、どちらの科目で処理した方がいいのか検討します。いくつか例を使って解説します。

【ケース1】水道光熱費、通信費といった経費について3月にサービスを受けた場合(4月末支払の請求書が届いている)

  • 1.継続して役務の提供を受ける取引のため未払費用
  • 2.サービスを受け、請求書も届いている。従って債務は確定しているので、未払金
  • 3.4月末日までは支払期限が到来していないので未払費用、5月1日以降、いまだ支払っていない場合には未払金

となります。

以上から、未払費用でも未払金でもどちらも考えられる取引です。

実務上はどうかというと、私の経験では未払費用で処理している会社が多いです(従って、未払費用の例として上述に説明しています)。

5月1日以降の場合でも、未払費用のままにしている会社も少なくありません(金額が大きな場合には未払金で処理するなど金額にもよります)。

【ケース2】末日締め、翌月10日払いの給与(3月末日時点で考えた場合)

  • 1.継続して労働という役務の提供を受けるので未払費用
  • 2.労働契約に基づき、3月末日まで働いた。従って債務は確定しているので、未払金
  • 3.3月末日では支払期限は到来していないので未払費用(支払期限は4月10日)

未払費用でも未払金でもどちらも考えられそうですが、私の経験では未払費用として処理しているケースが多いです。

4月10日に支払っていない場合には、給与の未払いという特別な事象が発生したことに鑑みて、未払金に振り替えて処理している会社もあります。

【ケース3】PCや事務用品の購入

例えば、〇〇ネットやアス〇〇といった会社を利用する場合には、初めに法人契約(登録)をして、その後、継続してその会社から購入します。

そこで、1.に照らして未払費用で処理し、一方で、事務用品やPCが必要になった都度、購入する場合だと未払金で処理する、と考えることができます。

ただし、このケースでも未払費用、未払金でも、どちらも考えられる取引ですので、会社によって使用する科目は異なります。

関連リンク



会計入門ガイド

記事一覧



【運営者情報・免責事項】



関連リンク

商業簿記入門
~2級、3級の資格学習を支援

サイト管理者の経験も交えて実務的な視点で解説。「実務に役立つシリーズ」第3弾!!

原価計算入門
~簿記資格の学習を支援

衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

会計ヘッジ
将来リスクを回避するためのサイト

会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

個人事業主の確定申告入門
~青色申告で節税する会計帳簿の作り方

個人事業主の青色申告について、仕訳や帳簿作成を中心に解説

個人事業主の開業手続に必要な書類(所得税、社会保険、消費税など)

個人事業主として開業するためには、法人ほど厳格な手続きは必要ありません。しかし、税務や社会保険に関する所定の手続きは存在します。ビジネスの最初のステップであり、誰もが・・・

個人事業主が開業前支出を必要経費として所得税確定申告する方法(範囲と仕訳)

個人事業主として事業を開始するためには開業手続きを行う必要があります。具体的には開業届けを税務署に届け出ることで事業開始の日付を定めます。しかし、開業する前の準備のために・・・

個人事業主とフリーランスの納税地の選び方と引っ越し時の手続き

個人事業主やフリーランスは毎年、所得税の確定申告を行いますが、その際に提出先となる所轄の税務署を決めるのが「納税地」です。ここでは、納税地の選び方と・・・

商業簿記入門その45~債務保証の仕訳処理(2級)

債務保証とは、債務者が返済できなくなった債務に対して、代わりに債務を返済するという契約を締結することをいいます。・・・

商業簿記入門その46~分記法による商品売買取引の仕訳処理(3級)

分記法(ぶんきほう)とは、商品の売買取引を記帳する場合に使用する仕訳処理の方法の一つです。商品の売買取引を記帳する場合に・・・

商業簿記入門その47~3分法による商品売買取引の仕訳処理(3級)

3分法(さんぶんほう)とは、商品の売買取引を記帳する場合に使用する仕訳処理の方法の一つです。商品の売買取引を記帳する場合に・・・

商業簿記入門その48~仕入・売上の返品、値引きに関する仕訳処理(3級)

商品を仕入れた場合には様々な理由で不満となる事柄が発生します。例えば(1)商品が異なっている (2)数量が異なる (3)商品に傷が付いて・・・

原価計算入門その6~材料費(分類と材料副費)

費目別計算のうち、材料費について解説します。材料費は費目別計算の要素の1つです。【材料費の分類】材料費には次の要素があります(具体的に衣服のメーカーでズボンを作る場合を想定)。・・・

原価計算入門その7~材料費(消費と月末の計算)

【材料の消費(払い出し)】11月5日にズボンを製造するために、主要材料である布を保管場所から1,200枚を取り出しました。これが消費(払い出し)です。払い出す直前の布の購入と消費の状況は次の通りです。・・・

原価計算入門その8~材料費(費目別計算、まとめ)

【費目別計算】材料費の受入(仕入、購入)と払出、および月末材料の手続について解説してきました。これで数量と単価を把握して金額を計算することができるようになりました。次に直接材料費と間接材料費の区分について説明します。・・・

原価計算入門その9~労務費(分類と直接費、間接費)

【労務費の分類】労務費とはモノを作る際に直接または間接的に作業した人たちに関係した賃金・給料のことです。具体的には工場で働いている人たちの賃金・給料のことです。・・・

会計入門その15~未払法人税等と預り金

未払法人税等科目名から分かる通り、未だ納付していない法人税等です。【税金の種類と科目の関係】会社が納める税金をまとめてみました。・・・

会計入門その16~リース債務と退職給付引当金

リース債務リース債務とは、簡単に説明すると、リース会社からコピー機や車などリース資産を借りた時に負債に計上する、将来、支払うお金の残・・・

会計入門その17~純資産とは(出資や株主、株式について)

純資産とはまずは復習から。純資産:お金をどれだけ出資者(株主)から預かっており、そのお金でビジネス活動を通じてどれだけ儲かったか。会社はビジネス活動を行う・・・

会計入門その18~資本金と資本準備金

会社のビジネス活動の流れそれでは株式会社のビジネス活動について、会社を設立したところから貸借対照表を見ていきましょう。【会社の設立】始めに・・・