会計入門その15~未払法人税等と預り金

更新日:2018年12月27日
作成日:2012年4月30日

未払法人税等と預り金

前回、「会計入門その14~未払金と経過勘定」では、流動負債のうち、未払金と未払費用(経過勘定)について説明しました。

今回は未払法人税等と預り金について説明します。

今回は未払法人税等では、税金の種類と表示科目について言及します。

預り金については、社会保険料についても併せて解説していきます。

<学習ポイント>
1.未払法人税等
 ・税金の種類と表示科目
 ・補助科目について
2.預り金
 ・社会保険料
 ・計上


貸借対照表
未払法人税等

科目名から分かる通り、未だ納付していない法人税等です。

【税金の種類と科目の関係】

会社が納める税金をまとめてみました。次の表をご覧下さい。

税金の種類

他にも印紙税や登録免許税など、様々な税金が存在します。

上記税金のうち、法人税、事業税、住民税(会社)は、未だ払っていないものを未払法人税等で処理します。その他、消費税と固定資産税は未払金で処理します(未払消費税などの科目で処理している会社もあります)。

一方で会社の負担ではなく、従業員が負担する源泉所得税と住民税(従業員)は預り金で処理します(後ほど解説します)。

【補足】補助科目について
複数の税金を未払金など、まとめて1つの科目で処理すると、後々支払う時にどの税金を払っていないのか分からなくなってしまいます。

そこで会社の経理では科目の1つ下の層で「補助科目」というものを〇〇奉行や〇〇会計といった会計システム上で設定して、項目別に把握するようにします。

今回の例では例えば、「法人税」「事業税」「住民税」といったように補助科目を設定します。そうすれば、例えば、貸借対照表上では100の未払法人税等として一括して計上しますが、会計システムを見れば、例えば法人税70、事業税20、住民税10といったように税金ごとの内訳が分かるので便利です。

補助科目は他の科目でも使用します。例えば、売掛金であれば得意先を、買掛金や未払金、未払費用であれば支払先を補助科目に設定します。ただし、会社規模が大きくなるにつれ、会計システムではなく販売管理システムや仕入在庫管理システムで取引先を管理する傾向が高くなります。


預り金

預り金とは文字通り預っているお金のこと。預っているお金、ということは会社のお金ではないので、将来、会社から出て行くお金、ということです。

未払法人税等の説明の中で、源泉所得税と住民税(従業員)は預り金で処理する、と説明したのは会社のお金ではなく、従業員から預っているお金だからということです。

【社会保険料について】
その他、預り金で処理する科目としては社会保険料があります。

社会保険料も種類が多く、健康保険、介護保険、厚生年金保険、雇用保険などがあります。

社会保険料は従業員が負担しますが、実は会社が半額程、負担してくれます。従って、毎月の給与明細から控除されている社会保険料は全額の50%程にすぎません。

代わりに会社が負担してくれる分は従業員から預っていないため、未払費用で処理することになります。前回、「会計入門その14~未払金と経過勘定」にて、未払費用の説明の中に社会保険料が出てきたのは会社負担分の方についての話です。

まとめますと、社会保険料については、会社負担分=未払費用、従業員負担分=預り金となります。

【未払費用と預り金の計上額(社会保険料)】
当月分の給与に対する社会保険料(雇用保険を除く)はその翌月末に納付します(例えば、3月分の給与に関する社会保険料は4月末に納付する)。

従って、会社負担分の社会保険料については、1ヶ月分、後払いとなるため、未払費用を計上します。

また、従業員負担分は当月分の給与ではなく、翌月分の給与から差し引いて、会社が預かることになります。

従って、社会保険料の預り金(雇用保険を除く)は月末時点では残高がゼロとなるのが通常です。

ゼロとならないケースとしては、月末が休日であるケースが考えられます。この場合には翌月の1日や2日など、平日に支払うことになります。

【預り金の計上額(源泉所得税と住民税)】
源泉所得税と住民税は翌月の10日に納付します。

従って、月末には、従業員から預っている源泉所得税と住民税1ヶ月分が計上されていることになります(例えば10月末であれば、11月10日に支払う分が預り金として計上される)。

社会保険料と異なり、従業員が負担する分は全て従業員で負担します。上の税金の表にて、住民税(会社)とあるのは従業員が負担する分を一部会社が負担しているわけではなく、会社自体が負担する住民税を指します。ややこしいので間違えないようにしましょう。


戻る | 次へ





記事一覧


  • 1.概要
    その 1~はじめに(必ずお読み下さい)
    その2~ なぜ決算書を作成するのか?

  • 2.貸借対照表
    その3~ 貸借対照表の見方
    その4~ 資産と負債、純資産の関係

  • 3.資産の部
    その5~ 資産の区分、受取手形と売掛金、有価証券
    その6~ 棚卸資産
    その7~ 未収入金と経過勘定
    その8~ 固定資産の区分
    その9~ 減価償却と資産計上
    その10~ 固定資産と時価主義
    その11~ 固定資産と減損会計
    その12~ 貸倒引当金

  • 4.負債の部
    その13~ 負債の区分 支払手形と買掛金、短期借入金
    その14~ 未払金と経過勘定
    その15~ 未払法人税等と預り金
    その16~ リース債務と退職給付引当金

  • 5.純資産の部
    その17~ 純資産とは
    その18~ 資本金と資本準備金
    その19~ 資本取引・損益取引区分の原則
    その20~ 貸借対照表の分析

  • 6.損益計算書
    その21~ 損益計算書とは
    その22~ 売上高と実現主義
    その23~ 売上原価と費用収益対応の原則
    その24~ 売上総利益と粗利率・原価率
    その25~ 販売費及び一般管理費
    その26~ 営業利益・営業利益率
    その27~ 営業外収益・費用と経常利益
    その28~ 特別損益と当期純利益その他

  • 7.財務分析
    その29~ 財務指標
    その30~ B/SとP/Lの財務分析


  • 【運営者情報・免責事項】



    関連リンク

    商業簿記入門
    ~2級、3級の資格学習を支援

    サイト管理者の経験も交えて実務的な視点で解説。「実務に役立つシリーズ」第3弾!!

    原価計算入門
    ~簿記資格の学習を支援

    衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

    会計ヘッジ
    将来リスクを回避するためのサイト

    会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

    個人事業主の開業手続に必要な書類(所得税、社会保険、消費税など)

    個人事業主として開業するためには、法人ほど厳格な手続きは必要ありません。しかし、税務や社会保険に関する所定の手続きは存在します。ビジネスの最初のステップであり、誰もが・・・

    個人事業主が開業前支出を必要経費として所得税確定申告する方法(範囲と仕訳)

    個人事業主として事業を開始するためには開業手続きを行う必要があります。具体的には開業届けを税務署に届け出ることで事業開始の日付を定めます。しかし、開業する前の準備のために・・・

    個人事業主とフリーランスの納税地の選び方と引っ越し時の手続き

    個人事業主やフリーランスは毎年、所得税の確定申告を行いますが、その際に提出先となる所轄の税務署を決めるのが「納税地」です。ここでは、納税地の選び方と・・・

    個人事業主の開業手続に必要な書類(所得税、社会保険、消費税など)

    個人事業主として開業するためには、法人ほど厳格な手続きは必要ありません。しかし、税務や社会保険に関する所定の手続きは存在します。ビジネスの最初のステップであり、誰もが・・・

    個人事業主が開業前支出を必要経費として所得税確定申告する方法(範囲と仕訳)

    個人事業主として事業を開始するためには開業手続きを行う必要があります。具体的には開業届けを税務署に届け出ることで事業開始の日付を定めます。しかし、開業する前の準備のために・・・

    個人事業主とフリーランスの納税地の選び方と引っ越し時の手続き

    個人事業主やフリーランスは毎年、所得税の確定申告を行いますが、その際に提出先となる所轄の税務署を決めるのが「納税地」です。ここでは、納税地の選び方と・・・

    商業簿記入門その49~売上帳と仕入帳の記帳方法(3級)

    売上帳(うりあげちょう)とは、売上取引の明細を記入した帳簿です。仕入帳(しいれちょう)とは、仕入取引の明細を記入した帳簿です・・・

    商業簿記入門その50~商品有高帳と先入先出法、移動平均法(3級)

    商品有高帳(しょうひんありだかちょう)とは、商品の種類ごとに明細を記入した帳簿です。商品有高帳は補助簿(補助元帳)に分類されます。すなわち・・・

    商業簿記入門その51~販売のつど、売上原価勘定に振り替える方法による商品売買取引の仕訳処理(2級)

    3分法の特徴の一つとして、売上原価は月次や決算の時点で仕入勘定を用いて計算する、ということが挙げられます。【補足】仕入勘定ではなく・・・

    商業簿記入門その52~仕入および売上の割引と仕訳処理(2級)

    仕入割引(しいれわりびき)とは、掛代金(買掛金)を支払期日より前に支払った場合に、支払日から支払期日までの期間について、金利に・・・

    原価計算入門その10~労務費(消費時の計算と仕訳)

    【消費時の労務費の計算】労務費の消費という言葉はあまりピンとこないかもしれませんが、材料費と同じように、ズボンを作るのに投入する(作業する)といった・・・

    原価計算入門その11~労務費(まとめ)

    【まとめ】前回までで労務費の解説が終了しましたので、まとめを掲載します。労務費の分類・・・

    原価計算入門その12~経費(分類・計算・仕訳)

    【経費の分類と直接費、間接費】経費とは費目別計算の要素のうち、材料費と労務費以外の要素をいいます。経費の主な費目と直接費、間接費の区分は次の通りです・・・

    会計入門その16~リース債務と退職給付引当金

    リース債務リース債務とは、簡単に説明すると、リース会社からコピー機や車などリース資産を借りた時に負債に計上する、将来、支払うお金の残・・・

    会計入門その17~純資産とは(出資や株主、株式について)

    純資産とはまずは復習から。純資産:お金をどれだけ出資者(株主)から預かっており、そのお金でビジネス活動を通じてどれだけ儲かったか。会社はビジネス活動を行う・・・