直接費・間接費とは | 概要と分類(一覧表)

机上のPCとグラフなどの分析表

記事最終更新日:2023年7月8日
記事公開日:2021年10月26日

原価計算(工業簿記)のうち、費目別計算の重要な用語である「直接費」と「間接費」について概要や分類(一覧表)にまとめました。各論の詳細は、記事中に掲載の関連記事で解説しています。

※費目別計算の概要は下記の記事で解説しています。

直接費とは

直接費とは、原価要素のうち、どの製品にどの位、消費したのか直接認識できるものをいいます。

間接費とは

間接費とは、原価要素のうち、どの製品にどの位、消費したのか直接的には把握できないものをいいます。

具体例

例えば、ズボンを製造するには「布(素材費)」と「糸(補助材料費)」が必要です。

ズボン1本を作るのにどれだけの布が必要か把握できるため、「布」は「直接費」です。

これに対して、糸は糸くずが発生しやすく、ズボン1本を作るのに必要な糸の量の把握は困難です。従って、「糸」は「間接費」に分類します。

※あくまでも一例。会社によっては糸を直接費としている場合もあります。

直接費と間接費に分類する理由

直接費と間接費とでは、原価の集計方法が異なるため、分類する必要があります。

最終的に、原価は「製品」に集計しますが、直接費は消費を把握できるため、直接的に消費を原価として計上できます(「賦課(ふか)」といいます)。

これに対して、間接費は消費を直接的には把握できないため、「直接作業時間」に代表される、製品と間接費の増減について高い相関関係がある「配賦基準」を用いた「配賦」という方法で原価を計上します。

費目別計算

費目別計算とは、原価要素の直接費と間接費への分類です。従って直接費と間接費は費目別計算上の最も重要な要素の1つといえます。

材料費と分類一覧

製品の製造に要した材料に要した費用を「材料費」といいます。

材料費は、「素材費」「補助材料費」などの原価要素に分類し、さらに直接材料費と間接材料費に分類します。

項目直接or間接
素材費(原料費)直接材料費
買入部品費
補助材料費間接材料費
工場消耗品費
消耗工具器具備品費

労務費と分類一覧

製品製造に携わる労働者に関する費用を「労務費」といいます。

労務費の原価要素は次の一覧表の通り。直接労務費と間接労務費に分類します。

従業員労働対価作業時間直接or間接
直接工直接工賃金
(基本給+加給金)
直接作業時間直接労務費
間接作業時間間接労務費
手待時間
間接工間接工賃金全作業時間
事務職員給料
アルバイト・
パートタイマー
雑給
全従業員従業員賞与手当-
退職給与引当金繰入額
(法定)福利費
(健康保険料負担金等。
社会保険料とも)

経費と分類一覧

材料費にも労務費にも該当しない原価要素は「経費」になり、直接経費と間接経費に分類します。

項目直接or間接
外注加工賃直接経費
特許権使用料
福利施設負担額間接経費
厚生費
減価償却費
賃借料
保険料
修繕料
電力料
ガス代
水道料
租税公課
旅費交通費
通信費
保管料
棚卸減耗費
雑費

直接費・間接費と仕訳

工業簿記では、直接費は「材料」「賃金・給料」などから「仕掛品」へ振り替え、間接費は「製造間接費」へ振り替え、仕訳を記帳します。

部門別計算

費目別計算の後、製造間接費は部門別計算を行い、製造部門に集計します。

PDCA会計 電子書籍のご案内

日商簿記2級に準拠したスマホで読みやすい本格的な試験対策テキストと問題集。試験範囲の改定の都度、改訂版を発売しています。

工業簿記2級の記事

サイト内検索

著者情報

須藤恵亮(すとうけいすけ)

フリーランス公認会計士。1人で「PDCA会計」を企画・開発・運営。

中央青山監査法人で会計監査、事業会社2社でプレイングマネジャーとして管理業務全般及びIPO準備業務に携わる。

現在は派遣・契約社員等として働きながら、副業的に「PDCA会計」の執筆やアプリ開発等コツコツ活動しています。

詳細はこちら↓
著者プロフィール

☆電子書籍の「0円キャンペーン」
日商簿記テキスト・問題集で実施中。X(旧twitter)で告知します。
「PDCA会計」をフォロー

簿記3級テキスト(PDCA会計の電子書籍)