材料消費価格差異と仕訳

材料消費価格差異と仕訳を解説します。

材料消費価格差異とは

材料消費価格差異とは、原価差異の1つです。実際原価計算に基づき計算され、材料消費の予定価格による予定配賦額と実際価格による実際発生額との差異をいいます。

実際原価計算と予定価格

実際原価計算では予定価格に基づき原価を集計できます。

計算方法

次の通り。

先入先出法と平均法

実際消費価格(払出単価)は先入先出法や平均法といった方法で計算します。

標準原価計算との違い

標準原価計算では価格差異だけでなく数量差異も把握します。

仕訳

材料消費価格差異勘定で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
原価差異(※1)材料消費価格差異×××材料×××

別の勘定科目を使用する場合もあります。
(※1)借方差異(不利差異)の場合

仕訳例

  • 1.材料消費価格差異10(不利差異)を計上する。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1材料消費価格差異10材料10
ページトップへ