工業簿記2級 継続記録法と棚卸計算法とは(入門)|違いと月末在庫の計算(ズボンメーカー例)

更新日:2020年5月19日
作成日:2016年11月5日

前回に引き続き、材料費について解説します。

※この「原価計算入門」のサイトでは、2級レベルの工業簿記を、衣服メーカーを例として毎回解説しています。

種類別の勘定連絡図(個別、総合、標準)

クリックすると、実際個別原価計算、実際総合原価計算、標準原価計算それぞれの勘定連絡図(簿記2級で出題される典型的なケース)が別窓で開きます。

今回の学習はココ

月末在庫や当月投入の数量の計算方法である継続記録法と棚卸計算法について学習します。工業簿記の計算段階でいうと、第1段階の費目別計算に該当します。

費目別計算(ひもくべつけいさん)とは材料費、労務費、経費といった費目を直接費と間接費に分類して計算・集計するための手続きをいいます。

具体的には上記の各勘定連絡図の左側に位置する材料、賃金、経費などの総勘定元帳から、仕掛品や製造間接費に分類して集計する手続きです。

継続記録法とは

継続記録法(けいぞくきろくほう)とは、モノの購入と払い出しの活動を記録をすることで月末在庫の帳簿数量を計算し、併せて実地たな卸を行うことで棚卸減耗費を把握する方法をいいます。

棚卸計算法とは

棚卸計算法(たなおろしけいさんほう)とは、モノの購入は記録するが払い出しは記録しないため月末在庫の帳簿数量は把握できず、実地たな卸を行うことで月末材料の数量を把握する方法をいいます。

消費数量は実地棚卸後、対象となる勘定の左側(借方)と右側(貸方)の差額で計算します。棚卸減耗費は把握しません。

棚卸減耗費とは

棚卸減耗費(たなおろしげんもうひ)とは、月末に行うモノのカウント(実地たな卸)により把握した実際数量と帳簿数量との差異により発生する損失をいいます。

棚卸減耗費はモノの紛失や盗難などによって発生します。

継続記録法と棚卸計算法の違い

両者の違いは、モノの払い出しについて継続記録法は商品有高帳などの補助簿で数量などを記帳しますが、棚卸計算法では記帳しないという点です。

この違いから棚卸計算法では実地棚卸によってモノをカウントしないと消費数量を計算できません。

モノの購入を記帳する点は両者とも同じです。

棚卸減耗費との関係

棚卸減耗費とは上記の定義の通り、月末在庫の帳簿数量を把握していないと計算できません。

従って、継続記録法では実地棚卸を行えば棚卸減耗費を計算できますが、消費数量を記帳しない棚卸計算法では把握できません。

工業簿記2級の出題形式

費目別計算や本社工場会計の仕訳問題や勘定記入の問題として棚卸減耗費が出題されることがあります。

継続記録法や棚卸計算法は、問題の設定として文中に登場します。

問題例(ズボンメーカーを例に)

次の問題と解説

実地棚卸で発生する棚卸減耗費について、計算方法や仕訳について解説します。費目計算上のどの分類に該当するのかを覚えるのがポイント。

関連記事