賃金(労務費)と仕訳|計算方法

机上の書類や電卓

賃金(労務費)の仕訳と計算方法を解説します。

賃金とは

賃金とは、工員に対する給料をいいます。

対象

原価計算基準の費目別計算に基づき例示すると、次の通り。

従業員労働対価作業時間直接or間接
直接工直接工賃金
(基本給+加給金)
直接作業時間直接労務費
間接作業時間間接労務費
手待時間
間接工間接工賃金全作業時間
事務職員給料
アルバイト・
パートタイマー
雑給
全従業員従業員賞与手当-
退職給与引当金繰入額
(法定)福利費
(健康保険料負担金等。
社会保険料とも)

労務費

製造に投入した労働を労務費といいます。

直接費と間接費

直接労務費と間接労務費とで別の方法で仕訳します。

直接工賃金の計算

直接工賃金については、賃率に月間の作業時間を乗じて労務費を計算します。上図の通り直接工賃金のうち直接作業時間は直接労務費、それ以外は間接労務費のため、それぞれ仕訳します。

計算に予定賃率を採用した場合には賃率差異が発生します。

間接工賃金の計算

間接工賃金については、要支払額で労務費を計算します。

仕訳

賃金・給料勘定で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
再振替仕訳(月初)未払費用×××賃率・給料×××
賃金の支払賃金・給料×××現金預金など×××
未払計上賃金・給料×××未払費用×××
労務費(直接工)仕掛品×××賃金・給料×××
製造間接費×××
労務費(間接工)製造間接費×××賃金・給料×××
賃率差異(※1)原価差異×××賃金・給料×××

別の勘定科目(賃金勘定など)を使用する場合もあります。
(※1)借方差異(不利差異)の場合

勘定連絡図

一般的な場合の賃金勘定と他勘定との関係を把握できます。

仕訳例

  • 1.賃金100を普通預金から支払った。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1賃金・給料100普通預金100
ページトップへ