工業簿記2級 製造間接費配賦差異(原価計算入門)|計算方法と仕訳(ズボンメーカーの問題例)

更新日:2020年6月14日
作成日:2020年6月7日

今回は製造間接費の論点のうち、製造間接費配賦差異の計算方法や仕訳、メリットや実際原価計算と標準原価計算上の違いなどについて解説します。

※この「原価計算入門」のサイトでは、2級レベルの工業簿記を、衣服メーカーを例として毎回解説しています。

種類別の勘定連絡図(個別、総合、標準)

クリックすると、実際個別原価計算、実際総合原価計算、標準原価計算それぞれの勘定連絡図(簿記2級で出題される典型的なケース)が別窓で開きます。

今回の学習はココ

製造間接費配賦差異について学習します。工業簿記の計算段階でいうと、主に第2段階の部門別計算と第3段階の製品別計算とに関係します。

部門別計算(ぶもんべつけいさん)とは、費目別計算によって集計した費目(直接材料費、直接労務費、直接経費、製造間接費)を製品に集計する前に部門別に分類して計算・集計するための手続きをいいます。

製造部門と補助部門を設定し、直接配賦法や相互配賦法といった計算方法を使って、最終的には各製造部門に原価を集計します。

製品別計算(せいひんべつけいさん)とは、製品の種類毎に製品一単位の原価を計算する手続きをいいます。

例えば、ジーンズ、チノパンといった製品別に原価を集計し、それぞれの製品の製造実態に合わせて個別原価計算や各種の総合原価計算(単純、等級、組別、工程別)を適用してジーンズ1本、チノパン1本当たりの原価を計算します。

製造間接費配賦差異とは

製造間接費配賦差異(せいぞうかんせつひはいふさい)とは、製造間接費の予定配賦額と実際発生額の差額(実際原価計算)、または標準配賦額と実際発生額の差額(標準原価計算)をいいます。

製造間接費配賦差異は原価差異の種類の1つです。

他の原価差異の解説は下記の記事を参照。

実際原価計算と標準原価計算の製造間接費配賦差異の違い

実際原価計算では予定配賦額と実際発生額の差異を求めます。

これに対して標準原価計算では標準配賦額と実際発生額の差異を求めます。

製造間接費配賦差異を求めるメリット

製造間接費配賦差異を求めることで、予算額(予定額)と実際額の差異を把握でき、予算管理や原価管理に役立ちます。

シュラッター図に代表されるように、製造間接費配賦差異をいくつかの要素に分解して差異分析する手法を活用すれば、より詳細な管理が可能です。

製造間接費配賦差異の内訳

実際原価計算では製造間接費配賦差異は予算差異と操業度差異に分解できます。

標準原価計算では製造間接費配賦差異は予算差異と操業度差異、能率差異に分解できます。

計算方法

次の通り。

原価計算の種類計算方法
実際原価計算製造間接費配賦差異=予定配賦額-実際発生額
標準原価計算製造間接費配賦差異=標準配賦額-実際発生額

必ず予定(または標準)から実際を差し引きます。

計算結果がプラスであれば有利差異(借方差異)、マイナスであれば不利差異(貸方差異)です。

仕訳

製造間接費に集計された配賦差異を原価差異勘定などの配賦差異を表わす勘定科目へ振り替えます。

仕訳の理由は次の通り。

製造間接費勘定の借方には実際発生額、貸方には予定配賦額を記帳します。

例えば、「実際発生額 > 予定配賦額」の場合には借方残になるため、借方残を原価差異勘定へ振り替える仕訳は、貸方に製造間接費勘定を記入することになります(原価差異勘定が借方になり、借方差異ということが分かる)。

他の仕訳方法として、原価差異勘定は用いずに製造間接費配賦差異の内訳である予算差異、操業度差異、能率差異の各勘定科目へ直接振り替える方法があります。

問題例(ズボンメーカーを例に)

次の問題と解説

変動予算と固定予算について解説します。それぞれのシュラッター図の違いを理解して原価差異分析の問題を解けるようになることがポイント。

関連記事

ページトップへ