工業簿記2級 個別原価計算(製品別計算、仕損費)

更新日:2018年5月25日
作成日:2016年11月16日

前回に引き続き、製品別計算について解説します。

製品別計算とは、原価要素を一定の製品単位に集計し,単位製品の製造原価を算定する手続をいい,原価計算における第3次の計算段階になります。

下記に学習上のポイントを参考に記載しました。ご利用ください。

※この「原価計算入門」のサイトでは、2級レベルの工業簿記を、衣服メーカーを例として毎回解説しています。

種類別の勘定連絡図(個別、総合、標準)

クリックすると、実際個別原価計算、実際総合原価計算、標準原価計算それぞれの勘定連絡図(簿記2級で出題される典型的なケース)が別窓で開きます。

学習のポイント

0.製品別計算の分類
1.個別原価計算
 ①概要と流れ
 ②仕損費の計算
2.単純総合原価計算
3.等級別総合原価計算
4.組別総合原価計算
5.工程別総合原価計算

製品別計算(個別原価計算)

前回の設例の続きを解説します。

設例
衣服メーカーは、個別原価計算を採用している。

今月の原価計算の状況と必要なデータは次の通り。
・各要素の計算には予定単価を使用している。
・費目別計算と部門別計算は終了しており、これから製造指図書に原価集計する段階である。
・製造指図書No1101で一部に仕損が発生した(正常な範囲)。そこで、仕損した箇所を補修するために、#1101-2の補修指図書を発行し、補修に必要な原価を集計する。

項目#1003#1101#1102#1101-2
前月製造原価235,000---
直接材料費
直接労務費
製造間接費
製造原価235,000
備考前月着手
11/5 完成
売上済
今月着手
11/25 完成
未納品
今月着手
未完成
補修指図書
項目#1003#1101#1102#1101-2
布の出庫数(枚)30040020015
直接労働時間(時間)55090060050
項目賦課基準または配賦基準予定単価(円)
直接材料費布出庫数(枚)@115
直接労務費直接作業時間(時間)@1,950
切抜部門布出庫数(枚)@650
裁縫部門直接作業時間(時間)@320
製品勘定
11/1 前月繰越 1,842,00011/30 売上原価 (   )
11/5 仕掛品 (   )
11/25 仕掛品 (   )11/30 次月繰越 (   )

(問1)原価集計表を完成させましょう。
→(解答)は次の通り。

項目#1003#1101#1102#1101-2
前月製造原価235,000---
直接材料費34,50046,00023,0001,725
直接労務費1,072,5001,755,0001,170,00097,500
製造間接費371,000548,000322,00025,750
製造原価1,713,0002,349,0001,515,000124,975
備考前月着手
11/5 完成
売上済
今月着手
11/25 完成
未納品
今月着手
未完成
補修指図書

(問2)製品勘定のTフォームの空欄に金額を埋めましょう。
なお、製品勘定の前月繰越1,842,000円は当月販売され売上計上されている。

個別原価計算(仕損費、製品勘定への振替)

<解答>
(問2)仕掛品、製品、売上原価のどれに該当するのか問題文から読み取ります。

まず(問1)解答までの段階で、費目別計算→部門別計算→製品別計算(原価計算表への原価集計)を経て、当月投入した費用が製造指図書に集計されました。

勘定科目の流れでみると、
 直接費→仕掛品
 間接費→製造間接費→切取部門・裁縫部門→仕掛品
といった流れで、全ての原価要素が仕掛品に計上されたことになります。

次に各製造指図書が、当月末(11/30)時点で仕掛品なのか製品なのか売上原価なのかを、問題から情報を読み取って判断します。

原価集計表の備考欄より
 #1003 :完成=製品 売上済=販売されたので売上原価になった。
 #1101 :完成=製品 未納品=売上計上していないので売上原価。
 #1102 :未完成=仕掛品
ということが分かります。

個別原価計算(仕損とは)

仕損とは、いわゆる失敗作です。今回の設例には指示がありませんが、例えば製造指図書#1101で製造しているズボン100本のうち5本分だけ、布の切取りに失敗してしまった、といったことが仕損に該当します。

仕損の処理はいくつかありますが、入門の段階では仕損の処理は次の通りです。
・仕損を補修した費用は補修指図書に集計する
・補修指図書に集計した原価は、仕損が発生した製造指図書に賦課する

今回は補修指図書=#1101-2で、仕損が発生したのは#1101。従って、#1101-2の製造原価は全て#1101に賦課します。
#1101は製品であるので、#1101-2の原価も全て製品となります(仕損が正常な発生である場合。もし異常な発生と問題に指示があれば、非原価項目となるため原価にはなりません)。

個別原価掲載(製品・売上原価への振替)

製造が完成し製品になった段階で次の仕訳を行います。
<仕訳>
(借方)製品 ××× (貸方)仕掛品 ×××

また製品が販売され売上計上された時には、次の仕訳になります。
<仕訳>
(借方)売上原価 ××× (貸方)製品 ×××

個別原価計算:設例の解答

以上から問2の解答は次の通りです。

<解答>

製品勘定
11/1 前月繰越 1,842,00011/30 売上原価 (3,555,000)
11/5 仕掛品 (1,713,000)
11/25 仕掛品 (2,473,975)11/30 次月繰越 (2,473,975)

補足前月繰越1,842,000円は(問2)の記載の通り、売上計上されているので売上原価になります。

関連記事

終わりに

今回は設例を用いて個別原価計算の仕損と製品・売上原価への振替について解説しました。
次回は個別原価計算のまとめを掲載します。

前の解説 | 次の解説
Top