工業簿記2級 問題と解説|等級別総合原価計算と等価係数

更新日:2020年8月10日
作成日:2016年11月19日

今回は等級別総合原価計算の問題と解説(等価係数、度外視法、先入先出法)。

※この「原価計算入門」のサイトでは、2級レベルの工業簿記を、衣服メーカーを例として毎回解説しています。

種類別の勘定連絡図(個別、総合、標準)

クリックすると、実際個別原価計算、実際総合原価計算、標準原価計算それぞれの勘定連絡図(簿記2級で出題される典型的なケース)が別窓で開きます。

今回の学習はココ

等級別総合原価計算と等価係数の問題について学習します。工業簿記の計算段階でいうと、第3段階の製品別計算に該当します。

製品別計算(せいひんべつけいさん)とは、製品の種類毎に製品一単位の原価を計算する手続きをいいます。

例えば、ジーンズ、チノパンといった製品別に原価を集計し、それぞれの製品の製造実態に合わせて個別原価計算や各種の総合原価計算(単純、等級、組別、工程別)を適用してジーンズ1本、チノパン1本当たりの原価を計算します。

等級別総合原価計算とは

等級別総合原価計算(とうきゅうべつそうごうげんかけいさん)とは、同種の製品だが、形状やサイズなどが異なる製品を連続生産(大量生産)する場合に適用する製品別計算をいいます。

項目説明具体例(ズボンメーカー)
等級別総合原価計算同種の製品だが、形状、大きさなどが異なる製品を生産S、M、Lサイズのズボンを生産

形状やサイズが異なる同種の製品を「等級製品(とうきゅうせいひん)」といいます。

単純総合原価計算と共通の方法で完成品原価を計算した後、完成品原価を「等価係数(とうかけいすう)」に基づいて各等級製品にあん分します。等価係数は大きさや重さ、面積など、等級製品に関連の深い尺度によって決めます。例えば、「S、M、Lサイズのジーンズの等価係数を1:1.2:1.5にする」といったように設定します。

問題例(等級別総合原価計算と等価係数)

今回は設例を用いて解説します(日商簿記2級のレベルでは「普通」レベル。一部応用問題あり)。

総合原価計算の詳細は下記の記事を参照。

1.生産データ
・月初仕掛品 800本(50%) ・当月投入 ○○本 ・正常仕損 100本(終点) ・月末仕掛品 1,000本(30%) ・完成品 2,500本
※完成品の内訳:Sサイズ500本 Mサイズ1,300本 Lサイズ700本
※( )内の数字は加工費の進捗度である。また○○の数字は各自算出すること。

2.原価データ
・月初仕掛品原価  原料費 92,000円  加工費 347,850円
・当月製造費用  原料費 350,000円 加工費 2,162,500円

3.等価係数
Sサイズ:Mサイズ:Lサイズ= 0.75:1.0:1.25

解答

解説1-ボックス図と生産・原価データの記入

ボックス図は次の通り。

仕掛品
月初仕掛品 800本(400本)完成品 2,500本(2,500本)
 92,000円(347,850円)
正常仕損 100本(100本)
完成品に含める
当月投入 2,800本(2,500本)
 350,000円(2,162,500円)
月末仕掛品 1,000本(300本)

換算数量や各原価、仕損の処理などボックス図を描くためのポイントは次の通り。

ボックス図や加工費の数量計算(進捗度と換算量)については下記の記事を参照。

ボックス図上の計算や度外視法(仕損品の処理)や先入先出法などを含めた実際の解き方については下記の記事を参照。

解説2-完成品原価と月末仕掛品の計算

次にボックス図の数字に従って、原料費と加工費それぞれの完成品総合原価と月末仕掛品原価を求めます。

問題文より計算には先入先出法を使います。

「先入先出法 → 当月投入数量 > 月末仕掛品数量 → 月末仕掛品原価は当月投入原価のみ。月初仕掛品は含まれない」となるので、先に月末仕掛品原価を求めて、その後に差額計算によって完成品総合原価を求めます。

仕掛品
月初仕掛品 800本(400本)完成品 2,500本(2,500本)
 92,000円(347,850円) 317,000円(2,250,850円)
正常仕損 100本(100本)
→完成品に合算
当月投入 2,800本(2,500本)
 350,000円(2,162,500円)
月末仕掛品 1,000本(300本)
 125,000円(259,500円)

解説3-等価係数

本問の3サイズのズボンのように形状やサイズが異なる同種の製品を「等級製品(とうきゅうせいひん)」といいます。

日商簿記2級(工業簿記)の出題では、等級製品の各原価は完成品原価(「完成品総合原価」といいます)を計算した後に。完成品総合原価を「等価係数(とうかけいすう)」とよばれる各製品の比率を使って各等級製品に原価を按分することで、各等級製品の完成品原価を求めます。

具体的には、今回の問題で与えられた等価係数は「Sサイズ:Mサイズ:Lサイズ = 0.75:1.0:1.25」です。これに各サイズの完成品数量「Sサイズ500本 Mサイズ1,300本 Lサイズ700本」を使って計算します。

等級製品の完成品原価の計算方法は次の通り。

難しそうな計算式ですが、実際に問題を解くと難しくありません。本問の場合は次の通り。

同様に計算し、「Mサイズ1,309,100円、Lサイズ881,125円」となります。

(問2)は等級製品の製品単価を求める問題です。従って、いま求めた各等級製品の完成品原価を完成品数量で割れば製品単価が計算できます。

解説4-仕訳(等級製品の完成品原価の計上)

完成品は仕掛品から製品に振り替える仕訳をきります。

ただし本問では、「S製品」「M製品」「L製品」の各勘定科目を使用するように指示があるので、借方は製品勘定ではなく、左記3種類の勘定科目を記入し、金額は各等級製品の完成品原価を記入します。

解答のポイント

最後に本問の解答のポイントを掲載します(総合原価計算共通の解き方の部分を含む)。

次の問題と解説

組別総合原価計算についてズボンメーカーを例に問題を掲載して解説します。単純総合原価計算と同じくボックス図を使って正確に計算するだけでなく、組直接費や組間接費を把握・計算して製品別の完成品原価を計算できるかどうかがポイント。

関連記事

ページトップへ