工業簿記2級 原価標準とは(入門)|計算方法や手続きを解説

更新日:2020年8月28日
作成日:2016年11月27日

今回から、標準原価計算について解説していきます。今回は原価標準について。

※この「原価計算入門」のサイトでは、2級レベルの工業簿記を、衣服メーカーを例として毎回解説しています。

種類別の勘定連絡図(個別、総合、標準)

クリックすると、実際個別原価計算、実際総合原価計算、標準原価計算それぞれの勘定連絡図(簿記2級で出題される典型的なケース)が別窓で開きます。

今回の学習はココ

原価標準について学習します。工業簿記(原価計算)の種類でいうと標準原価計算の手続きに該当します。

標準原価計算とは、製品を標準原価で計算する原価計算制度をいい、原価管理の目的で採用します。

実際原価計算では把握できない数量差異や能率差異を把握することで、原価活動の能率改善に役立ちます。

原価標準とは

原価標準(げんかひょうじゅん)」とは、製品1単位を製造するのにかかる標準原価のことをいいます。

※原価標準と標準原価は別々の用語です。間違えやすいので注意しましょう。

当月に要した製品の製造原価は、「(製品1単位当たりの原価)× 実際生産量(当月投入、完成品、仕掛数量)」で計算します。

そこで、式のうち(製品1単位当たりの原価)である原価標準を予め設定しておく必要があります。

具体的には直接材料費、直接労務費、製造間接費といった費目毎に設定します。

原価標準の計算式

原価標準は次の式で計算します。

原価標準の手続き

標準原価計算は総合原価計算で利用される場合が多いので、総合原価計算を想定して手続きの流れを説明します。

<1.各費目の標準価格と標準消費量の設定>
直接材料費、直接労務費、製造間接費のそれぞれについて、標準価格と製品の完成に要する1製品当たりの標準消費量を設定します。

<2.原価標準の計算>
1.で設定した各費目について、標準価格×製品1単位当たりの標準消費量を計算し、各費目を合計することで製品1単位当たりの標準原価、すなわち原価標準を設定します。

問題例(ズボンメーカーを例に)

設例を用いて解説します(理解するための問題)。

標準消費量とは、ズボン1本当たりに要する標準の消費量です。

例えばズボンの製造について、布は直接材料費ですが、「ズボン1本を製造するための標準の消費量は1枚」ということを意味します。

ズボンの原価標準とは「ズボン1本当たりに要する標準原価」です。従って、原価標準を求めるには、直接材料費、直接労務費、製造間接費それぞれの「標準価格×標準消費量」を合計します。

次の問題と解説

標準原価についてズボンメーカーの設例を用いて解説します。

標準原価の計算式には今回解説した原価標準が登場します。分かりにくい計算式です。計算式を暗記しようとすると原価標準と間違って覚えやすいです。覚えるには解説を読んだ後に問題を頭と手を働かせて解くとイメージが定着します。

標準原価の計算方法と解説

関連記事

ページトップへ