日商簿記2級 オペレーティングリース取引と仕訳

更新日:2021年1月5日
公開日:2018年2月9日

前回は、ファイナンスリース取引の仕訳(利子込み法と利子抜き法)について解説しました。

今回は、オペレーティングリース取引の仕訳について説明します。

オペレーティングリース取引とは

オペレーティングリース取引(おぺれーてぃんぐりーすとりひき)」とは、ファイナンスリース取引以外のリース取引をいいます。

※ファイナンスリース取引やリース取引の詳細は下記の記事を参照。

オペレーティング・リース取引の会計処理と仕訳

オペレーティングリース取引の仕訳は、通常の賃貸借処理に準じた会計処理を適用します。

勘定科目は「支払リース料勘定(費用に属する勘定科目)」を使用します。

リース料の支払い時には借方に支払リース料勘定を記入し、貸方に現金預金など支払の勘定科目を記入します。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
リース料支払い時支払リース料×××現金預金など×××

仕訳例

A社は期首に次の条件でリース会社と契約してリース取引を開始した。このリース取引はオペレーティング取引に該当するとする。

  • ・年間リース料:50万円(後払い)
  • ・リース期間:5年
  • ・見積現金購入価額:230万円

1.リース開始時の仕訳、2.リース料支払い時の仕訳(当座預金より支払)、3.決算の仕訳(減価償却)について、それぞれで仕訳処理しなさい。

No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1仕訳なし
2支払リース料500,000当座預金500,000
3仕訳なし

【解説】
オペレーティング・リース取引の場合にはリース料支払い時に仕訳するのみです。ファイナンスリース取引の場合のように取引開始時や減価償却の仕訳を行う必要はありません。

まとめ

今回はオペレーティングリース取引の仕訳について解説しました。勘定科目名だけ間違えないように覚えましょう。

過去問30回を分析した仕訳問題集

価格:480円(Kindle Unlimited対象商品)

本サイトをまとめた日商簿記テキスト

価格:250円(Kindle Unlimited対象商品)

本サイトよりも分かりやすく読みやすい完全オリジナルの工業簿記テキスト

価格:250円(Kindle Unlimited対象商品)

ページトップへ