商業簿記入門(2級と3級の学習支援)その1~はじめに

更新日:2018年9月2日 公開日:2017年7月9日

簿記入門

☆お知らせ:2018年5月3日更新
平成30年度の商業簿記(2級、3級)の試験範囲への更新完了!!
連結会計や税効果会計の解説を中心にページ更新しました。

「商業簿記入門~2級と3級の資格学習を支援」へようこそ!!

このサイトでは、2級と3級レベルの商業簿記を解説します。

このサイトで提供した情報が役立った結果、「商業簿記が分かるようになった」「2級や3級の簿記検定に合格することができた」という方が増えれば、と思い公開しました。

皆さんの簿記資格の取得に向けて、その一助となれば幸いです。

簿記とは

簿記とは、企業が行う様々な取引を資産、負債、純資産、収益、費用に属する勘定科目を使用して、貨幣的価値が分かるように記録し、企業活動を管理するとともに決算書を作成するために利用される技術をいいます。

簿記には複式簿記と単式簿記とがありますが、簿記といえば通常は複式簿記をいいます。複式簿記では1つの取引を2つの側面から借方と貸方にそれぞれ勘定科目を使用して仕訳記帳していきます。

また、簿記には商業簿記工業簿記が存在します。

商業簿記とは、小売業などに代表される、モノを仕入れて販売するような業態の場合に使用されます。

メーカーなど、モノを製造するような業態の場合にも商業簿記が適用されますが、モノを製造するために材料の購入や作業員の投入から、加工・製造を通じて完成までに行う一連の活動は、工業簿記を使用して記録されます。

対象となる方

このサイトは次の方を対象としています。

・基本的な商業簿記を習得している方。
・簿記資格を取得しようと思っている方
・学んだ簿記の知識を実務で活用したいと思っている方

※簿記2級、3級の商業簿記を想定した試験範囲について解説します。

工業簿記は、「原価計算入門~簿記資格の学習を支援」で解説しております。よろしければご利用ください。

注意事項

このサイトは、簿記資格の学習の補助的な役割を果たすように簿記を解説しています。

簿記資格専門の学校や簿記資格用のテキスト・問題集など、メインとなる学習方法と併用して利用されることをお勧めします。

冒頭に記載しました通り、「一助」としてご利用頂ければ幸いです。

勘定科目の仕訳を調べるには

勘定科目一覧(簿記2、3級検索データベース)
出題範囲となる勘定科目を検索できます。検索結果の右欄に表示されるリンクをクリックすれば、仕訳の解説ページにアクセスできます。

サイト内の関連コンテンツご案内

原価計算入門~簿記資格の学習を支援
工業簿記2級を対象として、衣服メーカーを具体例にわかりやすく解説。設例と解説付き。分類表や比較表が豊富に掲載されており、まとめページが便利。

会計入門~実務に役立つ会計の入門
簡単な決算書を読めることになることをサイトテーマとして、実務的な視点も踏まえて分かりやすく解説しています。
簿記の視点とは異なる切り口から解説しています。2級や3級の勉強で行き詰った際に利用すると解決の糸口がつかめるかもしれません。

次へ

一覧


【運営者情報・免責事項】





関連リンク

会計入門

会計入門
~実務に役立つ会計の入門

決算書が読めるようになるサイト。「実務に役立つシリーズ」第1弾!!

原価計算入門

原価計算入門
~簿記資格の学習を支援

衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

会計ヘッジ
将来リスクを回避するためのサイト

会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

日商簿記検定の勉強におすすめの過去問題集

日商簿記検定だけでなく、どの資格試験でも過去問を解くことは有効な勉強方法です。日商簿記検定の過去問の入手方法は次の通り。(1)WEB(解答や分析・傾向のみ)・・・

日商簿記検定2級|次回の試験情報(出題論点など)

商工会議所サイトには改正論点のサンプル問題や出題範囲変更箇所が掲載されています。使用する勘定科目も変更するので、過去問の出題意図も含めて・・・

日商簿記検定2級の合格に必要な勉強時間とは

個々人によって勉強時間は異なるのは当然ですが、合格するのに必要とされる標準的な勉強時間を知らないと学習スケジュールを立てることができません。日商簿記検定2級は・・・

個人事業主の開業手続に必要な書類(所得税、社会保険、消費税など)

個人事業主として開業するためには、法人ほど厳格な手続きは必要ありません。しかし、税務や社会保険に関する所定の手続きは存在します。ビジネスの最初のステップであり、誰もが・・・

個人事業主が開業前支出を必要経費として所得税確定申告する方法(範囲と仕訳)

個人事業主として事業を開始するためには開業手続きを行う必要があります。具体的には開業届けを税務署に届け出ることで事業開始の日付を定めます。しかし、開業する前の準備のために・・・

個人事業主とフリーランスの納税地の選び方と引っ越し時の手続き

個人事業主やフリーランスは毎年、所得税の確定申告を行いますが、その際に提出先となる所轄の税務署を決めるのが「納税地」です。ここでは、納税地の選び方と・・・