輸出取引と仕訳

輸出取引と仕訳を解説します。

輸出取引とは

輸出取引とは、海外に商品を販売することをいいます。

海外から商品を輸入する場合は輸入取引です。

会計基準

外貨建取引等会計処理基準外貨建取引等の会計処理に関する実務指針に基づいて処理します。

仕訳

次の通り。

取引為替相場借方科目借方金額貸方科目貸方金額
輸出HR売掛金×××売上×××
FR(※2)売掛金×××売上×××
為替予約契約の締結(※1)FR > HR売掛金×××為替差損益×××
FR < HR為替差損益×××売掛金×××
決算CR > HR売掛金×××為替差損益×××
CR < HR為替差損益×××売掛金×××
FR(※2)仕訳なし
代金回収(決済)SR > CR現金預金など×××売掛金×××
為替差損益×××
SR < CR現金預金×××売掛金×××
為替差損益×××
FR(※2)現金預金×××売掛金×××
  • HR:発生時の為替相場 FR:先物為替相場 CR:決算日レート SR:決済時のスポットレート
  • ※1:振当処理を適用し、かつ為替予約差額は期間配分をしない場合
  • ※2:為替予約を締結済みの場合の仕訳

仕訳例

  • 1.商品1ドルを輸出した(掛け販売)。為替レート100円/ドル
  • 2.決済日。売上代金が当座預金に振り込まれた。為替レート110円/ドル
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1売掛金100売上100
2当座預金110売掛金100
為替差損益10
ページトップへ