売買目的有価証券と仕訳

売買目的有価証券と仕訳について解説します。

売買目的有価証券とは

売買目的有価証券(ばいばいもくてきゆうかしょうけん)とは、時価の変動による利益を得ることを目的として保有する有価証券をいいます。

有価証券は保有目的により4つの区分に分類します。

売買目的有価証券の取引

売買目的有価証券の取引には、取得と売却、利息・配当金の受け取りや決算評価があります。

売買目的有価証券の仕訳

次の通り。

出来事ケース借方科目借方金額貸方科目貸方金額
取得一般的な仕訳売買目的有価証券×××現金預金など×××
端数利息を支払った場合売買目的有価証券×××現金預金など×××
有価証券利息×××
売却 利益が発生現金預金など×××売買目的有価証券×××
有価証券利息×××
有価証券売却益×××
損失が発生現金預金など×××売買目的有価証券×××
有価証券利息×××
有価証券売却損×××
配当金の受け取り現金×××受取配当金×××
利息の受け取り現金×××有価証券利息×××
決算日の評価利益が発生売買目的有価証券×××有価証券評価益×××
損失が発生有価証券評価損×××売買目的有価証券×××

端数利息

契約により定められた利息の計算期間の途中までの利息を端数利息(はすうりそく)といいます。

債券の保有者は利息を受け取ることができますが、利息支払日以外の日の債券売買においては売却者が端数利息を受け取っていません。そこで購入者は債券の代価だけでなく端数利息を支払います。

有価証券評価損益

決算評価とは、貸借対照表上の科目のうち主に資産科目の表示額を決めるための手続をいいます。

取得原価と時価との差額は売買目的有価証券の増減として仕訳し、相手勘定科目には有価証券評価益勘定または有価証券評価損勘定を使用します。

仕訳例

  • 1.社債券を100で購入した。購入時に買取手数料が5発生し全額当座預金より支払った。
  • ※時価の変動による利益を得る目的で保有
  • 2.決算日を迎えた。決算日の社債時価は110である。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1売買目的有価証券105当座預金105
5売買目的有価証券5有価証券評価益5
ページトップへ