その他有価証券と仕訳

その他有価証券と仕訳について説明します。

その他有価証券とは

その他有価証券とは、売買目的有価証券、満期保有目的債券、子会社株式および関連会社株式のいずれにも分類されない有価証券をいいます。

有価証券は保有目的により4つの区分に分類します。

その他有価証券の仕訳

その他有価証券勘定(資産に属する勘定科目)を使用します。

取引ケース借方科目借方金額貸方科目貸方金額
取得一般的な仕訳その他有価証券×××現金預金など×××
端数利息を支払った場合その他有価証券×××現金預金など×××
有価証券利息×××
売却利益が発生現金預金など×××その他有価証券×××
有価証券利息×××
投資有価証券売却益×××
損失が発生現金預金など×××その他有価証券×××
有価証券利息×××
投資有価証券売却損×××
配当金の受け取り現金×××受取配当金×××
利息の受け取り現金×××有価証券利息×××
決算日の評価時価 > 取得原価その他有価証券×××その他有価証券評価差額金×××
繰延税金負債×××
時価 < 取得原価その他有価証券評価差額金×××その他有価証券×××
繰延税金資産×××

決算評価とその他有価証券評価差額金

決算日の時価で評価します。

相手勘定には「その他有価証券評価差額金勘定(純資産に属する勘定科目)」を用います。全額純資産として計上します。これを全部純資産直入法といいます。

翌期首に逆の仕訳をきり、決算日の仕訳の影響をないものとする洗替処理を行います。

ケース取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
時価 > 取得原価決算評価その他有価証券×××その他有価証券評価差額金×××
繰延税金負債×××
翌期首その他有価証券評価差額金×××その他有価証券×××
繰延税金負債×××
時価 < 取得原価決算評価その他有価証券評価差額金×××その他有価証券×××
繰延税金資産×××
翌期首その他有価証券×××その他有価証券評価差額金×××
繰延税金資産×××

仕訳例

  • 1.株式を200で取得し代金は当座預金から支払った。
  • ※その他有価証券として処理
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1その他有価証券200当座預金200
ページトップへ