日商簿記3級 通信費、収入印紙と消耗品費の仕訳

更新日:2021年1月5日
公開日:2018年4月14日

前回は、収益と費用のうち広告宣伝費、支払手数料、および旅費交通費の仕訳について解説しました。

今回は、通信費、収入印紙と消耗品費の仕訳について説明します。

通信費とは

通信費(つうしんひ)とは、その名の通りインターネットや電話回線を使用して通信に要した支出をいいます。

例えばNTTやau、その他SIMフリーの回線業者を利用したスマートフォンやPCによるデータ通信や、固定電話にかかる通信料金が、通信費に該当します。

その他、代表的な取引として、「切手」が存在します。

通信費の仕訳処理

通信費が発生するような取引は、「通信費勘定(費用に属する勘定科目)」を使用して仕訳します。

借方に通信費勘定を記入し、貸方には現金や預金、未払金などの勘定科目を記入します。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
通信費の発生通信費×××現金、預金の勘定科目など×××

収入印紙とは

収入印紙(しゅうにゅういんし)とは、領収書や契約書などの書類に張り付ける切手に似た紙面をいいます。

収入印紙を購入して、対象となる書類に貼るなどの手続きを行うことで印紙税と言われる税金を国に納めたことになります。

印紙税法といわれる法律によって、対象となる書類や貼る収入印紙の金額などを定めています。

収入印紙の仕訳

収入印紙を購入した場合には、「租税公課勘定(費用に属する勘定科目)」を使用して仕訳します。

借方に租税公課勘定を記入し、貸方には現金や預金、未払金などの勘定科目を記入します。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
収入印紙の購入租税公課×××現金、預金の勘定科目など×××

貯蔵品の仕訳

月末や決算時に切手や収入印紙などの在庫が存在する場合には、切手や収入印紙の在庫をカウントし、在庫の金額を通信費勘定や租税公課勘定から「貯蔵品勘定(資産に属する勘定科目)」に振り替える仕訳を行います。

この仕訳によって切手や収入印紙に関する費用は使用したものの金額だけを計上し、未使用の切手や収入印紙は貯蔵品として資産計上します。

翌期首には再振替仕訳を行い、貯蔵品から通信費、租税公課へ振り替えます。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
切手在庫のカウント貯蔵品×××通信費×××
収入印紙在庫のカウント貯蔵品×××租税公課×××
翌期首通信費×××貯蔵品×××
租税公課×××

消耗品費とは

消耗品費(しょうもうひんひ)とは、消耗品を消費した場合の支出額をいいます。

具体的には、ボールペンやクリップ、コピー用紙などの文房具や蛍光灯、電池などを消耗品といいます。

消耗品費の仕訳

消耗品に関する取引には「消耗品費勘定(費用に属する勘定科目)」を使用します。

消耗品を購入した場合には消耗品費勘定を借方に記入し、貸方には現金、預金、未払金勘定などを記入します。

切手や収入印紙のように決算時に在庫のカウントは行いません。購入したものを全額費用に計上します。

出来事仕訳する金額借方科目借方金額貸方科目貸方金額
消耗品の購入購入額消耗品費×××現金、預金の勘定科目など×××

仕訳例

  • 1.A社は100円切手を50枚購入し、現金で支払った。
  • 2.A社へ通信会社から請求書が届き、今月の電話代は10万円であった。料金は来月末日に振込予定である。
  • 3.A社は200円の収入印紙を100枚購入し、現金で支払った。
  • 4.A社はボールペン100本を@100円で購入した。代金は来月末日に支払う予定である。
  • 5.決算日に在庫を確認した結果、切手20枚、収入印紙30枚だった。
  • 6.翌期首になった。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1通信費5,000現金5,000
2通信費100,000未払金100,000
3租税公課20,000現金20,000
4消耗品費10,000未払金10,000
5貯蔵品8,000通信費2,000
租税公課6,000
6通信費2,000貯蔵品8,000
租税公課6,000

まとめ

今回は通信費、収入印紙と消耗品費の仕訳について解説しました。難しい点はありません。問題演習で勘定科目を覚えましょう。

☆フォローお願いします
簿記2級・3級のスケジュール進捗管理に〇

<広告>PDCA会計の電子書籍

会計や簿記の電子書籍を出版しています。

Amazon Kindleと楽天Koboから発売(販路拡大中)。

過去問30回を分析した仕訳問題集

本Webサイトのコンテンツよりも品質を高めた基本テキスト

本Webサイトとは解説も図表も異なる、分かりやすいオリジナルの工業簿記テキスト

本サイトの解説をまとめた会計の入門書籍

ページトップへ