日商簿記3級 小口現金と仕訳、出納帳

更新日:2020年12月26日
公開日:2017年8月12日

前回は当座借越の仕訳や当座預金出納帳について解説しました。

今回は小口現金と仕訳や小口現金出納帳について説明します。

小口現金とは

小口現金(こぐちげんきん)とは、切手、ハガキなど文房具の購入や経費精算など、日常的な会社活動で発生する少額の現金取引に利用するために、現金のうち、一般の現金とは区別して管理するような現金をいいます。

例えば、常に100万円の現金を金庫に施錠して管理している会社があるとします。

そして、この会社では100万円とは別に、日常的な少額の支払に利用するための現金を用意しています。なぜならば、金庫の中の現金は、金庫のカギを財務部長が保管しているからです。

財務部長は会議や外出が多いため、頻繁に利用する現金取引には金庫の中の現金を使用するのは効率的とはいえません。

そこで、日常的な少額の支払に利用するための現金を担当者(用渡係「ようどがかり」といいます)に渡しておき、金庫の中の現金とは別に管理します。

こうしておけば、日常的な支払は管理部長がわざわざ金庫の中から現金を取り出す必要がなくなるわけです。

このように、日常的な支払に利用するための現金を、他の現金とは分けて管理して運用していく場合の、この現金のことを「小口現金」といいます。

定額資金前渡法(インプレストシステム)

定額資金前渡法(ていがくしきんまえわたしほう。別名「インプレストシステム」)とは、小口現金の管理手法の一つです。1週間や1ヶ月といった一定の間隔で、小口現金が定額となるように差額を補充する方法をいいます。

例えば、ある会社では小口現金を10万円と定めておき、1週間毎に金額を補充する管理方法を採用しているとします。

補充する場合の手続きは次の通りです。

まず、財務部が用渡係から支払報告を受けます。

そして財務部は、この支払報告について領収証や経費精算書などを確認し、問題がなければ使用した金額だけ小切手を振り出して用渡係に渡します。

このような管理にしておけば、上述の小口現金の説明と同様、わざわざ金庫の中から現金を取り出す必要がないため、金額の重要度に応じた現金管理を行うことができます。

小口現金の仕訳処理

一般の現金とは別に管理するため、簿記上でも現金勘定とは別に小口現金勘定(資産に属する勘定科目)で仕訳します。

仕訳例を示しましたのでご覧ください。

【設定】

  • (1)A社は定額資金前渡法(インプレストシステム)を採用している。
  • (2)小口現金は毎月末日に5万円となるよう補充している。
  • (3)用渡係は毎月末日に会計課まで支払報告を行う。
  • (4)支払報告を受けた会計課は、補充に際して小切手を振り出して用渡係に渡している。
  • ※伝票(仕訳)は支払報告を受けた時に、会計課が作成しているとする。

【取引と仕訳】
1.8月5日 切手1,000円を購入した。
2.8月12日 従業員の交通費2,500円を支払った。
3.8月18日 文房具を5,000円購入した(消耗品費として処理する)。
4.8月24日 会議用のお茶菓子2,000円を購入した(雑費として処理する)。
5.8月31日 会計課は用渡係から1~4の支払報告を受けたため、補充する金額だけの小切手を振り出して用渡係に渡した。

No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1仕訳なし
2仕訳なし
3仕訳なし
4仕訳なし
5通信費1,000小口現金10,500
旅費交通費2,500
消耗品費5,000
雑費2,000
小口現金10,500当座預金10,500

【解説】
商業簿記の小口現金の問題としてオーソドックスな例を挙げました。

問題の設定から、毎月末日に会計課へ支払報告が届きます。また、仕訳は問題の設定から会計課が行います。従って1から4の時点では仕訳はきりません。

5.で用渡係が会計課へ支払報告を行いました。従って、この時点で1~4の取引に関する仕訳をきっています。

1~4の取引では小口現金から支払われるため小口現金が減少します(小口現金を貸方に記入)。

1~4の取引に支払った総額は10,500円だったため、会計課は10,500円分の小切手を振り出して用渡係へ渡しました。

小切手を振り出した場合には当座預金を減少させるため、貸方に当座預金を記入。

また、同額の小口現金が増加したため、借方に小口現金勘定を記入しています。

小口現金出納帳

小口現金出納帳(こぐちげんきんすいとうちょう)とは、補助簿のうちの1つです。小口現金取引の詳細を1箇所に記録する場合に使用します。

補助簿を利用するメリットとデメリットについては現金出納帳と同じです。

小口現金出納帳の記帳例

小口現金出納帳と記帳について、例を示しましたのでご覧ください(上述の仕訳例と同じ取引を記入しています)。

受入令和2年摘要支払内訳
通信費旅費交通費消耗品費雑費
50,0008月1日前月繰越
8月5日切手代1,0001,000
8月12日交通費2,5002,500
8月18日文房具代5,0005,000
8月24日お茶菓子代2,0002,000
合計10,5001,0002,5005,0002,000
10,5008月31日小切手で補充
8月31日次月繰越50,000
60,50060,500
50,0009月1日前月繰越

小口現金出納帳には、小口現金の取引のみを記載します。内訳には、支払の勘定科目毎に記入します。

上述の仕訳では、支払報告を受けた時に仕訳を行っていましたが、小口現金出納帳では取引があった日付で記入します。

まとめ

今回は小口現金の仕訳処理と管理、及び小口現金出納帳について解説しました。出題可能性は高くはないですが、試験範囲ですので押さえておきましょう。

☆フォローお願いします
簿記2級・3級のスケジュール進捗管理に〇

<広告>PDCA会計の電子書籍

会計や簿記の電子書籍を出版しています。

Amazon Kindleと楽天Koboから発売(販路拡大中)。

過去問30回を分析した仕訳問題集

本Webサイトのコンテンツよりも品質を高めた基本テキスト

本Webサイトとは解説も図表も異なる、分かりやすいオリジナルの工業簿記テキスト

本サイトの解説をまとめた会計の入門書籍

ページトップへ