約束手形とは|基本的な仕訳をシンプルに解説(簿記3級)

書類の承認

記事最終更新日:2024年2月4日
記事公開日:2021年8月10日

手形の種類には「約束手形」と「為替手形」があります。本記事では、簿記3級で出題される「約束手形」の基本的な仕訳について、シンプルに解説します。

約束手形とは|基本的な仕訳をシンプルに解説(簿記3級)

目次

仕訳例

<仕訳例>
1.商品100を販売し、得意先から代金として、振出人・支払人が得意先、受取人を当社とする約束手形を受け取った。
2.取引銀行へ上記1.の手形を持ち込んで呈示し、取り立てを依頼した結果、支払期日に代金が普通預金口座に振り込まれたことを確認した。

No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1受取手形100売上100
2普通預金100受取手形100

約束手形とは

約束手形」とは、「振出人かつ支払人」と「受取人」の2者間で債権債務の取引を行う場合に使用する手形をいいます。

この約束手形の場合、『キツツキ工務店のきつつ木一夫(振出人かつ支払人)が、「ゴリラ木材株式会社(指図人)に対して、平成24年7月20日に、一千万円を全国ペンギン銀行の小鳥支店から支払います」ということを約束する証書(手形)を平成24年4月12日に振り出した(作成した)』ということを意味します。

為替手形との違い

「約束手形」は2者間の取引に使用しますが、3者間の取引には「為替手形」を使用します。「為替手形」では、「振出人」と「支払人」とがそれぞれ別になります。

仕訳方法

約束手形を受け取った場合は「受取手形(資産)」で仕訳し、支払いのため手形を振り出した場合には「支払手形(負債)」で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
手形の受け取り(商品販売)受取手形×××売上×××
代金の回収現金・預金×××受取手形×××
手形の振り出し(商品仕入)仕入×××支払手形×××
代金の支払い支払手形×××現金・預金×××
ページトップへ