商標権と仕訳

商標権と仕訳を解説します。

商標権とは

商標権とは、知的財産権の1つです。ロゴマークに代表される会社や商品の目印(商標)を一定期間、独占的かつ排他的に使用できる権利をいいます。

会計上は特許権などと同じく無形固定資産の1つに分類されます。

存続期間

商標権の存続期間(有効期間)は、登録の日から10年ですが、手続きを行えば10年間の期間延長できるため実質的には永久に使用できます。

資産計上と償却

商標権の取得に要した支出を資産計上します。取得後は存続期間(税務上の耐用年数)など一定の期間にわたり、残存価額ゼロの定額法など合理的な方法により償却して費用計上(販売費及び一般管理費)します。

税務上の耐用年数

商標権の税務上の耐用年数は存続期間と同じく10年です。期間延長の更新手続きに係る支出毎に10年で償却します。

仕訳

決算整理仕訳として商標権勘定商標権償却勘定で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
取得商標権×××現金預金など×××
償却商標権償却×××商標権×××

仕訳例

  • 1.商標権を100で取得した。代金は来月支払う。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1商標権100未払金100
ページトップへ