合併と仕訳方法

合併と仕訳方法を解説します。

合併とは

合併とは、複数の会社が特別な手続きにより1つの会社になることをいいます。

目的

株式交換、株式移転、会社分割とともに組織再編の1手法として活用します。

種類

合併には、ある会社が他の会社を吸収する吸収合併と合併する会社がすべて消滅して新しい会社を設立する新設合併があります。

会社法との関係

会社債権者や株主の保護の観点から、合併契約には原則として株主総会の特別決議を必要とし、その他、反対株主の株式買取請求権や債権者異議申し立ての定めなど、会社法は合併について慎重な手続きを要求しています。

会計処理

企業結合に関する会計基準、及び企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針に基づいて処理します。

パーチェス法と持分プーリング法

パーチェス法とは、企業結合が取得に該当する場合に適用する会計処理をいい、持分プーリング法とは、企業結合が取得以外の持分の結合である場合に適用する会計処理をいいます。

仕訳方法

パーチェス法では、被合併会社から引き継ぐ資産や負債を時価評価して仕訳します。持分プーリング法では、帳簿価額のまま引き継ぎます。

ページトップへ