日商簿記2級 連結精算表の作り方

更新日:2020年12月24日
公開日:2018年5月1日

前回は、ダウンストリームとアップストリームについて未実現利益の連結仕訳を解説しました。

今回は、連結精算表の作り方について説明します。

連結精算表とは

連結精算表(れんけつせいさんひょう)とは、個別財務諸表に連結修正仕訳を反映させて連結財務諸表を作成するまでの金額や仕訳の検証を行うために作成する表をいいます。

連結精算表の作り方

連結貸借対照表と連結損益計算書について、連結精算表を掲載しました。

このように、個別財務諸表の部分は親会社と子会社をそれぞれ残高を記入し、次に連結修正仕訳を記入します。

連結修正仕訳の欄では、借方と貸方毎に金額を記入します。

これらを合計した金額について連結財務諸表(連結貸借対照表、連結損益計算書)の金額を記入します。今回の例では、借方と貸方を集計し、残高ベースで記入しています。

最後に合計額が貸借で一致していることを確認します。

(参考)連結修正仕訳の精算表について

連結修正仕訳について複数の取引が存在する場合には、それぞれの取引別に欄を分けて作成すると分かりやすくなります。

例として、資本連結(支配獲得時と支配獲得後)と商品の販売仕入れ(ダウンストリーム)の連結修正仕訳部分を抜粋したものを下に掲載します。

問題を解く際には、このような表をより簡易的になるよう工夫してメモ用紙に書きながら解いていくことは、お勧めできるテクニックの一つです。

慣れていけばメモ書きしなくとも解けるようになるでしょう。

まとめ

今回は連結精算表の作り方について解説しました。繰り返し総合問題を解いて定着させましょう。

ページトップへ