40.貸倒引当金と貸倒損失の仕訳処理(簿記3級)

更新日:2019年9月11日
公開日:2017年11月26日

貸倒引当金と貸倒損失の仕訳処理

前回、「商業簿記入門その39~電子記録債権と電子記録債務の手続と仕訳処理」では電子記録債権及び電子記録債務の手続きや仕訳処理について解説しました。

今回は貸倒引当金と貸倒損失の仕訳処理について説明します。




貸倒とは

貸倒(かしだおれ 「貸し倒れ」ともいいます)とは、得意先が倒産したなどの理由により、売掛金や受取手形などの債権が回収できない状態のことをいいます。

貸倒引当金とは

貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)とは、貸し倒れになる前に予め費用計上するために、貸し倒れが発生しそうな債権に対して、過去の貸倒実績(かしだおれじっせき)の割合などに基づいて、事前に見積もった損失額のことをいいます。

貸倒引当金の仕訳処理

(1)貸倒引当金を計上する場合

①通常の仕訳処理
貸倒引当金繰入額勘定(かしだおれひきあてきんくりいれがくかんじょう、費用に属する勘定科目)と貸倒引当金勘定(資産の控除科目)を使用して仕訳処理します。

具体的には、売掛金や受取手形などの債権のうち、貸し倒れが発生しそうな債権が存在する場合には、貸倒見積額(かしだおれみつもりがく)に、貸倒実績率などの割合を乗じて計算した金額について、借方は貸倒引当金繰入勘定を使って記入し、貸方は貸倒引当金勘定を使って記入します。

②設定した貸倒引当金が前回よりも金額が小さい場合
例えば前回設定した貸倒引当金が100だけ残高が残っており、今回貸倒引当金を見積もったところ、80だった場合が該当します。

この場合には、差額20は貸倒引当金を減少します。具体的には、借方に貸倒引当金勘定を記入し、貸方には「貸倒引当金戻入(かしだおれひきあてきんもどしいれ)勘定(収益に属する勘定科目)」を記入して仕訳処理します。

※戻入は「れいにゅう」と言うこともあります。

【補足】貸倒引当金勘定の性質について

貸倒引当金は、売掛金や受取手形などの債権金額から差し引く形で貸借対照表に表示されます。

売掛金や受取手形などの債権から直接マイナスしないのは、貸倒引当金を仕訳した時点では、実際には貸し倒れは発生していないからです。実際に貸し倒れが発生した時点で売掛金や受取手形などの債権をマイナスすることになります。

以上から、貸倒引当金勘定は、資産や負債などには属せず、評価勘定(ひょうかかんじょう)という特殊な勘定科目として捉えられます。




(2)貸し倒れが発生した場合

①十分な貸倒引当金を計上していた場合
貸倒が発生した場合には、事前に貸倒引当金を計上していた場合には、貸倒引当金を減少させるべく、借方に貸倒引当金勘定を記入し、また、貸し倒れた売掛金や受取手形などの債権も減少するため貸方に売掛金勘定や受取手形勘定などを記入します。

②貸倒引当金が不足している場合
貸倒額と貸倒引当金の差額は「貸倒損失勘定(費用に属する勘定科目)」にて仕訳記入します。

③貸倒引当金を計上していなかった場合
貸倒額は全て貸倒損失勘定を使用して仕訳処理します。

(3)過去に貸倒処理した債権を回収した場合

この場合、貸し倒れた債権は貸倒時の仕訳処理に減少しているため、残高は残っていません。

そこで、貸方には「償却債権取立益(しょうきゃくさいけんとりたてえき)勘定(収益に属する勘定科目)」を記入して仕訳します(借方には現金預金などの勘定科目を記入します)。

以上をまとめると次の通りになります。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
貸倒引当金の設定貸倒引当金残高 <
今回見積額の場合
貸倒引当金繰入×××貸倒引当金×××
貸倒引当金残高 >
今回見積額の場合
貸倒引当金×××貸倒引当金戻入×××
貸し倒れの発生十分な貸倒引当金が存在する場合貸倒引当金×××売掛金など×××
貸倒引当金が不足している場合貸倒引当金×××売掛金など×××
貸倒損失×××
貸倒引当金を計上していない場合貸倒損失×××売掛金など×××
過去に貸し倒れた債権を回収した場合現金預金など×××償却債権取立益×××



仕訳例

  • 1.A社の取引先B社が倒産した結果、売掛金10万円が貸し倒れになった。貸倒引当金は計上していない。
  • 2.A社は今回決算にて、売掛金300万円と受取手形200万円の5%を貸倒額として見積もった。
  • 3.A社の取引先C社が倒産した結果、売掛金10万円が貸し倒れになった。
  • 4.A社の取引先D社が倒産した結果、受取手形20万円が貸し倒れになった。
  • 5.上記2.にて、貸倒引当金設定前に貸倒引当金の残高が30万円である場合の仕訳をきりなさい。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1貸倒損失100,000売掛金100,000
2貸倒引当金繰入250,000貸倒引当金250,000
3貸倒引当金100,000売掛金100,000
4貸倒引当金150,000受取手形200,000
貸倒損失50,000
5貸倒引当金50,000貸倒引当金戻入50,000
  • 【解説】
  • No1.貸倒引当金は設定されていないため、貸倒損失勘定を使用します。
  • No2.(300万円 + 200万円) × 5% = 250,000円
  • No4. No2.で25万円を貸倒引当金として設定。No3.で10万円減少したため残額は15万円。受取手形30万円との差額5万円は貸倒引当金を設定していないので、貸倒損失勘定で仕訳処理します。
  • No5. 貸倒引当金戻入額:貸倒引当金残高30万円 - 今回貸倒引当金見積額25万円 = 5万円 従って5万円だけ貸倒引当金が多いので、減少させるために貸倒引当金戻入勘定を使用します。

関連リンク

まとめ

今回は貸倒引当金と貸倒損失の仕訳処理について解説しました。様々な出題ケースが想定されますので、理解しながら仕訳パターンを覚え応用問題にも対応できるようにしておきましょう。







戻る | 次へ

一覧


【運営者情報・免責事項】



簿記入門ガイド

関連リンク

会計入門
~実務に役立つ会計の入門

決算書が読めるようになるサイト。「実務に役立つシリーズ」第1弾!!

原価計算入門
~簿記資格の学習を支援

衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

会計ヘッジ
将来リスクを回避するためのサイト

会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

個人事業主の確定申告入門
~青色申告で節税する会計帳簿の作り方

個人事業主の青色申告について、仕訳や帳簿作成を中心に解説

商業簿記入門その41~貸倒引当金の個別評価と一括評価、B/S,P/L表示(2級)

前回、「商業簿記入門その40~貸倒引当金と貸倒損失の仕訳処理」では、貸倒引当金の見積方法として、次の方法を述べました。「売掛金・・・

商業簿記入門その42~商品保証引当金と売上割戻引当金の仕訳処理(2級)

商品保証引当金(製品保証引当金とも)とは、商品(製品)販売後の保証サービス発生に備えて、事前に費用(損失)を見積もった・・・

商業簿記入門その43~賞与引当金と退職給付引当金の仕訳処理(2級)

賞与引当金とは、従業員(いわゆる会社員)に支払う賞与(いわゆるボーナス)の発生に備えて、事前に費用(損失)を見積もった金額・・・

商業簿記入門その44~修繕引当金と返品調整引当金の仕訳処理(2級)

修繕引当金とは、建物や機械などの固定資産の修繕に備えて、事前に費用を見積もり計上する金額(引当金)をいいます。修繕・・・

商業簿記入門その45~債務保証の仕訳処理(2級)

債務保証とは、債務者が返済できなくなった債務に対して、代わりに債務を返済するという契約を締結することをいいます。・・・