総勘定元帳と転記(書き方)

総勘定元帳と転記の仕方(書き方)について解説します。

総勘定元帳とは

勘定元帳(かんじょうもとちょう)」とは、取引の記録を行うために、勘定科目毎に集計・計算するための場所をいいます。

全ての勘定科目の勘定元帳を作成することから、勘定元帳の集合体を総勘定元帳といいます。

その形からTフォームともいいます。

転記とは

転記(てんき)」とは、仕訳を勘定元帳や補助簿に記入することをいいます。

勘定元帳の転記の仕方(書き方)

ポイントは次の通り。

ページトップへ