総勘定元帳と転記(書き方)|ポイントをまとめて解説

記事最終更新日:2022年10月10日
記事公開日:2017年7月23日

総勘定元帳と転記の仕方(書き方)について解説します。

総勘定元帳と転記(書き方)|ポイントをまとめて解説

目次

総勘定元帳とは

勘定元帳(かんじょうもとちょう)」とは、取引の記録を行うために、勘定科目毎に集計・計算するための場所をいいます。

全ての勘定科目の勘定元帳を作成することから、勘定元帳の集合体を総勘定元帳といいます。

その形からTフォームともいいます。

勘定元帳

転記とは

転記(てんき)」とは、仕訳を勘定元帳や補助簿に記入することをいいます。

帳簿の締め切り

帳簿の締め切りとは、決算手続きのうち総勘定元帳などの帳簿記入を完了させることをいいます。日本では英米式決算法によって行います。

勘定元帳の転記の仕方(書き方)

ポイントは次の通り。

勘定元帳

会計ソフトの場合

会計ソフトでは人ではなくプログラムが自動的に転記を行ってくれます。

従って、実務では会計ソフトの仕訳・伝票画面に入力しさえすれば、仕訳・伝票から総勘定元帳への記入は必要ありません。

しかし会社の実情に併せて会計の帳簿組織の体系を設定して運用していくのは人であることから、現在においても学習過程においては勘定元帳への転記は省くことができない、重要な学習範囲だと言えます。

PDCA会計 無料アプリのご案内

・日商簿記の最新試験範囲に対応
・基本の仕訳問題150問を掲載(全問無料)
・シンプル画面&分かりやすい操作
・アプリ初心者も安心。プライバシーに配慮。課金なし。アカウント登録なし。
・Google Playの厳しい審査を通過

PDCA会計 電子書籍のご案内

日商簿記3級に準拠したスマホで読みやすいテキストと問題集。試験範囲の改定の都度、改訂版を発売しています。

サイト内検索

著者情報

須藤恵亮(すとうけいすけ)

フリーランス公認会計士。1人で「PDCA会計」を企画・開発・運営。

中央青山監査法人で会計監査、事業会社2社でプレイングマネジャーとして管理業務全般及びIPO準備業務に携わる。

現在は派遣・契約社員等として働きながら、副業的に「PDCA会計」の執筆やアプリ開発等コツコツ活動しています。

詳細はこちら↓
著者プロフィール

☆電子書籍の「0円キャンペーン」
日商簿記テキスト・問題集で実施中。X(旧twitter)で告知します。
「PDCA会計」をフォロー

簿記3級テキスト(PDCA会計の電子書籍)

関連帳簿・決算書