総勘定元帳と転記(書き方)|ポイントをまとめて解説

総勘定元帳と転記の仕方(書き方)について解説します。

総勘定元帳と転記(書き方)|ポイントをまとめて解説

目次

総勘定元帳とは

勘定元帳(かんじょうもとちょう)」とは、取引の記録を行うために、勘定科目毎に集計・計算するための場所をいいます。

全ての勘定科目の勘定元帳を作成することから、勘定元帳の集合体を総勘定元帳といいます。

その形からTフォームともいいます。

転記とは

転記(てんき)」とは、仕訳を勘定元帳や補助簿に記入することをいいます。

帳簿の締め切り

帳簿の締め切りとは、決算手続きのうち総勘定元帳などの帳簿記入を完了させることをいいます。日本では英米式決算法によって行います。

勘定元帳の転記の仕方(書き方)

ポイントは次の通り。

会計ソフトの場合

会計ソフトでは人ではなくプログラムが自動的に転記を行ってくれます。

従って、実務では会計ソフトの仕訳・伝票画面に入力しさえすれば、仕訳・伝票から総勘定元帳への記入は必要ありません。

しかし会社の実情に併せて会計の帳簿組織の体系を設定して運用していくのは人であることから、現在においても学習過程においては勘定元帳への転記は省くことができない、重要な学習範囲だと言えます。

ページトップへ