帳簿とは

取引を記入する帳簿について解説します。

帳簿とは

帳簿(ちょうぼ)」とは、会社の様々な取引を、お金や資産、負債、純資産、収益、費用といった会計的な視点で活動を把握するとともに、B/SやP/Lといった財務諸表を作成するための基礎となる記録をいいます。

帳簿の目的

次の通り。

帳簿の体系と種類

帳簿の体系と種類を下の表にまとめましたので、ご覧ください。

帳簿の種類名称
主要簿仕訳帳、総勘定元帳
補助簿補助記入帳現金出納帳、小口現金出納帳、当座預金出納帳、仕入帳、売上帳、
受取手形記入帳、支払手形記入帳
補助元帳商品有高帳、売掛金元帳(得意先元帳)、買掛金元帳(仕入先元帳)、固定資産台帳など

主要簿とは

主要簿(しゅようぼ)とは名前の通り主要な帳簿をいい、仕訳帳と総勘定元帳のことをいいます。

主要簿はどの会社も必ず記録する帳簿です。

補助簿とは

補助簿(ほじょぼ)とは、必ず記録しなければならない帳簿ではありませんが、作成しておくと会社の取引を把握しやすくなる帳簿をいいます。

補助簿はさらに補助記入帳と補助元帳に区別できます。

補助記入帳と補助元帳

補助記入帳(ほじょきにゅうちょう)とは、取引の詳細を日付順に記録しておく帳簿をいいます。

補助元帳(ほじょもとちょう)とは、取引先別や商品別といった単位で記録しておく帳簿をいいます。

伝票とは

伝票(でんぴょう)とは、仕訳帳の代わりに使用できる書類をいいます。

伝票には3伝票制と5伝票制があります。3伝票制では、入金伝票、出金伝票、振替伝票という3種類の伝票を用います。

入金伝票:現金が入る取引に使用する伝票
出金伝票:現金が出ていく取引に使用する伝票
振替伝票:入出金の取引以外の取引に使用する伝票

ページトップへ