当座借越の仕訳

当座借越の仕訳を解説します。

当座借越とは

当座借越とは、当座借越契約を銀行と契約締結している場合に、銀行に立て替えてもらうことによって当座預金残高を超えて小切手を発行することをいいます。

当座借越契約とは、銀行と締結する当座預金残高を超える一定限度額の支払を行うことができる契約をいいます。

具体的には

当座預金残高がマイナスの状態、すなわち貸方残の場合が当座借越の状態です。

当座借越の仕訳

決算整理仕訳としてマイナス残高の当座預金を当座借越勘定に振り替える仕訳を行います。

翌期首には再振替仕訳を行います。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
決算整理当座預金xxx当座借越xxx
翌期首当座借越xxx当座預金xxx

別の仕訳方法

当座借越勘定ではなく借入金勘定を使用して決算整理仕訳をします。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
決算整理当座預金xxx借入金xxx
翌期首借入金xxx当座預金xxx
ページトップへ