預金の種類と仕訳

預金の種類と仕訳について解説します。

預金の種類

預金の種類は次の通りです。

普通預金とは

普通預金(ふつうよきん)とは、自由に預入れや引出し、振込みなどができる預金口座をいいます。

皆さんも利用している、説明の必要がない位、生活にかかせないものです。

定期預金とは

定期預金(ていきよきん)とは、預入期間中は引き出しなどできないが、普通預金に比べて利率が高い預金口座をいいます。

普通預金ほどではありませんが、定期預金も個人が利用する預金口座です。

当座預金とは

当座預金(とうざよきん)とは、会社や個人事業主が支払い専用の預金口座として、銀行と当座取引契約に基づいて開設する預金口座です。

預金の仕訳

普通預金勘定定期預金勘定定期預金勘定を使用して仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
預入、利息受取など○○預金×××相手勘定科目×××
引出し、振込みなど相手勘定科目×××○○預金×××

仕訳例

  • 1.A社は甲銀行の当座預金から50万円を現金で引き出した。
  • 2.A社は乙銀行の普通預金から甲銀行の当座預金に1千万円を振り替えた。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1現金500,000当座預金500,000
2当座預金10,000,000普通預金10,000,000
ページトップへ