商業簿記入門その45~債務保証の仕訳処理(2級)

更新日:2019年4月13日
公開日:2017年12月16日

債務保証の仕訳処理

前回、「その44~修繕引当金と返品調整引当金の仕訳処理(2級)」では、修繕引当金と返品調整引当金の仕訳処理について解説しました。

今回は債務保証の仕訳処理について説明します。


債務保証とは

債務保証とは、債務者が返済できなくなった債務に対して、代わりに債務を返済するという契約を締結することをいいます。

債務保証の性質

債務保証の契約を債務者と締結した時点では、すぐに債務を返済しないといけない立場にはありません。

従って、債務を保証した会社は、債務保証の契約締結時点では、借入金や買掛金、支払手形といった債務が増加するわけではないため、「取引の8分類」に従った、「資産、負債、純資産(資本)、収益、費用」の増減に関する取引について仕訳処理を行う、という必要はありません。

※取引の8分類については、「商業簿記入門その5~取引と仕訳(3級)」で解説しています。よろしければご訪問ください。

しかし、将来的に債務が増加する可能性がある契約を締結したため、この事実をなんらかの方法で会計帳簿に記録しておきたい、という考えもあります。

そこで、取引の8分類には該当しませんが、それに準ずる取引として、仕訳処理を行うことで債務保証が発生した事実を会計帳簿に記録を残します。

債務保証の仕訳処理

債務保証が発生した場合には、「保証債務見返(ほしょうさいむみかえり)勘定」「保証債務(ほしょうさいむ)勘定」という勘定科目を使用して仕訳処理します。

上述した通り、債務保証は資産、負債、純資産(資本)、収益、費用のいずれにも該当せず、備忘録(=「メモ書き」、記録として残しておく、ということ)のために仕訳処理を行います。

具体的には債務保証の発生時には、借方に保証債務見返勘定を記入し、貸方に保証債務勘定を記入します。

債務者が無事に債務を返済したなど、債務保証が解消された場合には、この反対の仕訳をきることで、保証債務見返勘定と保証債務勘定の残高をゼロにします。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
債務保証の発生保証債務見返×××保証債務×××
債務保証の解消保証債務×××保証債務見返×××

勘定科目は、「債務保証」ではなく、どちらの勘定科目も「保証債務」です。債務が先で保証が後ろです。覚え間違いしないように。

また、「保証債務勘定」が貸方です。債務ではないといっても債務に近い性質なので、「債務の増加=貸方に記入→保証債務勘定を貸方に記入」と覚えましょう。

「保証債務見返」勘定は保証債務勘定と対になる勘定科目と覚えておきましょう。保証債務勘定がメイン、借方に記入する適当な科目がないため、「保証債務見返勘定」という勘定科目を作った、位のイメージで覚えておけばよろしいでしょう。

仕訳例

  • 1.A社は、B社が銀行より借り入れている借入金1千万円の保証人となる契約を締結した。
  • 2.A社は、B社より上述1.の借入金を返済したとの連絡を受けた。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1保証債務見返10,000,000保証債務10,000,000
2保証債務10,000,000保証債務見返10,000,000

まとめ

今回は債務保証の仕訳処理について解説しました。勘定科目名を逆さまに覚えないように気を付けましょう。


戻る | 次へ

一覧


【運営者情報・免責事項】





関連リンク

会計入門
~実務に役立つ会計の入門

決算書が読めるようになるサイト。「実務に役立つシリーズ」第1弾!!

原価計算入門
~簿記資格の学習を支援

衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

会計ヘッジ
将来リスクを回避するためのサイト

会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

個人事業主の確定申告入門
~青色申告で節税する会計帳簿の作り方

個人事業主の青色申告について、仕訳や帳簿作成を中心に解説

日商簿記検定の勉強におすすめの過去問題集

日商簿記検定だけでなく、どの資格試験でも過去問を解くことは有効な勉強方法です。日商簿記検定の過去問の入手方法は次の通り。(1)WEB(解答や分析・傾向のみ)・・・

日商簿記検定2級|次回の試験情報(出題論点など)

商工会議所サイトには改正論点のサンプル問題や出題範囲変更箇所が掲載されています。使用する勘定科目も変更するので、過去問の出題意図も含めて・・・

日商簿記検定2級の合格に必要な勉強時間とは

個々人によって勉強時間は異なるのは当然ですが、合格するのに必要とされる標準的な勉強時間を知らないと学習スケジュールを立てることができません。日商簿記検定2級は・・・

商業簿記入門その46~分記法による商品売買取引の仕訳処理(3級)

分記法(ぶんきほう)とは、商品の売買取引を記帳する場合に使用する仕訳処理の方法の一つです。商品の売買取引を記帳する場合に・・・

商業簿記入門その47~3分法による商品売買取引の仕訳処理(3級)

3分法(さんぶんほう)とは、商品の売買取引を記帳する場合に使用する仕訳処理の方法の一つです。商品の売買取引を記帳する場合に・・・

商業簿記入門その48~仕入・売上の返品、値引きに関する仕訳処理(3級)

商品を仕入れた場合には様々な理由で不満となる事柄が発生します。例えば(1)商品が異なっている (2)数量が異なる (3)商品に傷が付いて・・・

商業簿記入門その49~売上帳と仕入帳の記帳方法(3級)

売上帳(うりあげちょう)とは、売上取引の明細を記入した帳簿です。仕入帳(しいれちょう)とは、仕入取引の明細を記入した帳簿です・・・

商業簿記入門その50~商品有高帳と先入先出法、移動平均法(3級)

商品有高帳(しょうひんありだかちょう)とは、商品の種類ごとに明細を記入した帳簿です。商品有高帳は補助簿(補助元帳)に分類されます。すなわち・・・