債務保証と仕訳

債務保証と仕訳を解説します。

債務保証とは

債務保証とは、債務者が返済できなくなった債務に対して、代わりに債務を返済するという契約を締結することをいいます。

債務保証の性質

債務保証の契約を債務者と締結した時点では債務を返済する立場にはないため、負債は増加しません。

しかし、将来的に債務が増加する可能性がある契約を締結した事実を会計帳簿に記録しておくため、負債の増加に準ずる取引として仕訳を行います。

仕訳

債務保証が発生した場合には、保証債務見返勘定保証債務勘定で仕訳します。

資産、負債、純資産、収益、費用のいずれにも該当せず、備忘録として仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
債務保証の発生保証債務見返×××保証債務×××
債務保証の解消保証債務×××保証債務見返×××

仕訳例

  • 1.銀行から100を借り入れた会社の保証人となる契約を締結した。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1保証債務見返100保証債務100
ページトップへ