金銭債権の評価方法

高層ビルが立ち並ぶ巨大都市

記事公開日:2021年8月14日

金銭債権の評価方法を解説します。

金銭債権とは

金銭債権とは、将来、金銭をもって弁済を受けるべき債権をいい、売掛金、受取手形、貸付金などが代表的です。

金銭債権の評価方法

金銭債権を3区分に分類し、区分ごとに定められた方法によって貸倒見積高を計算し、金銭債権の取得原価から貸倒見積高を控除することで金銭債権の評価額とします。

金銭債権の仕訳方法は下記記事を参照。

金銭債権と区分

金銭債権を評価するために、金銭債権を「一般債権」「貸倒懸念債権」「破産更生債権等」という3つの区分に分類します。

一般債権と評価

一般債権とは、経営状態に重大な問題が生じていない債権をいいます。

一般債権は貸倒実績率に基づいて貸倒見積高を計算して評価します(一括評価)。

※貸倒実績率は下記記事を参照。

貸倒懸念債権と評価

貸倒懸念債権とは、経営破綻の状態には至っていないが、債権の弁済に重大な問題が生じているかまたは生じる可能性の高い債務者に対する債権をいいます。

貸倒懸念債権は財務内容評価法またはキャッシュ・フロー見積法によって貸倒見積高を計算して評価します(個別評価)。

※財務内容評価法とキャッシュ・フロー見積法や仕訳は下記記事を参照。

破産更生債権等とは

破産更生債権等とは、経営破綻または実質的に経営破綻に陥っている債務者に対する債権をいいます。

破産更生債権等は財務内容評価法によって貸倒見積高を計算して評価します(個別評価)。

PDCA会計 無料アプリのご案内

・日商簿記3級の最新試験範囲に対応
・基本の仕訳問題150問を掲載(全問無料)
・シンプル画面&分かりやすい操作
・アプリ初心者も安心。プライバシーに配慮。課金なし。アカウント登録なし。
・Google Playの厳しい審査を通過

PDCA会計 電子書籍のご案内

日商簿記2級に準拠したスマホで読みやすい標準的なテキストと問題集。試験範囲の改定の都度、改訂版を発売しています。

サイト内検索

著者情報

須藤恵亮(すとうけいすけ)

フリーランス公認会計士。1人で「PDCA会計」を企画・開発・運営。

中央青山監査法人で会計監査、事業会社2社でプレイングマネジャーとして管理業務全般及びIPO準備業務に携わる。

現在は派遣・契約社員等として働きながら、副業的に「PDCA会計」の執筆やアプリ開発等コツコツ活動しています。

詳細はこちら↓
著者プロフィール

☆電子書籍の「0円キャンペーン」
日商簿記テキスト・問題集で実施中。X(旧twitter)で告知します。
「PDCA会計」をフォロー

簿記3級テキスト(PDCA会計の電子書籍)