貸倒懸念債権と仕訳

貸倒懸念債権と仕訳を解説します。

貸倒懸念債権とは

貸倒懸念債権とは、経営破綻の状態には至っていないが、債権の弁済に重大な問題が生じているかまたは生じる可能性の高い債務者に対する債権をいいます。

一般債権や破産更生債権等とともに金銭債権の区分の1つです。

個別評価

貸倒懸念債権の評価は個別評価といいます。他に一括評価があります。

貸倒懸念債権の評価方法

貸倒懸念債権は財務内容評価法またはキャッシュ・フロー見積法によって貸倒見積高を計算して評価します。

 

仕訳

売掛金や受取手形など一般的な貸倒引当金の仕訳と同じです。貸倒引当金勘定(資産の控除科目)をはじめとする勘定科目で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
貸倒引当金の設定貸倒引当金残高 <
今回見積額
貸倒引当金繰入×××貸倒引当金×××
貸倒引当金残高 >
今回見積額
貸倒引当金×××貸倒引当金戻入×××
貸し倒れの発生貸倒引当金×××売掛金など×××

仕訳例

  • 1.貸倒懸念債権(貸付金)100をキャッシュ・フロー見積法により評価した結果、貸倒見積高は30になった。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1貸倒引当金繰入30貸倒引当金30
ページトップへ