貸倒引当金とP/L表示

貸倒引当金とP/L表示を解説します。

貸倒引当金とは

貸倒引当金とは、金銭債権に対して将来の貸し倒れに備えて予め見積って計上する引当金をいいます。

金銭債権とは

金銭債権とは、将来、金銭をもって弁済を受けるべき債権をいい、売掛金、受取手形などの営業債権と貸付金や未収入金などの営業外債権に分類できます。

他の分類として金銭債権の評価のための区分があります。この区分毎に金銭債権を評価します。

 

損益計算書上の表示

金銭債権の評価に伴う費用・損失の科目には「貸倒引当金繰入」や「貸倒損失」があり、収益には「貸倒引当金戻入」「償却債権取立益」があります。

営業債権

売掛金や受取手形など営業債権に対する費用は販売費及び一般管理費に、収益は営業外収益に表示します。

営業外債権

未収入金や貸付金など営業外債権に対する費用は営業外費用に、収益は営業外収益に表示します。

貸倒引当金繰入と戻入の相殺表示

両者は相殺してP/L表示します。営業債権と営業外債権とに区別して貸倒引当金を設定している場合には、区分ごとに繰入額と戻入額を相殺してP/L表示します。

ページトップへ