商業簿記3級 分記法による商品売買取引の仕訳処理

更新日:2019年9月18日
公開日:2017年12月10日

前回、「商業簿記入門その45~債務保証の仕訳処理(2級)」では債務保証の仕訳処理について解説しました。

今回は分記法による商品売買取引の仕訳処理について説明します。

分記法とは

分記法(ぶんきほう)とは、商品の売買取引を記帳する場合に使用する仕訳処理の方法の一つです。

商品の売買取引を記帳する場合に使用する仕訳処理としては、分記法の他に3分法があります。3分法は「商業簿記入門その47~3分法による商品売買取引の仕訳処理」にて解説しています。

分記法による商品売買取引の仕訳処理

分記法で使用する勘定科目は、「商品勘定(資産に属する勘定科目)」と「商品売買益勘定(収益に属する勘定科目)」の2つになります。

商品勘定には、販売額ではなく、仕入額で記帳します。

商品を販売した場合には、販売額(=売上)を仕入額と利益額の2つに分けて仕入額は商品勘定で、利益額は商品売買益勘定で、それぞれ記入して仕訳処理します。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
商品の仕入れ商品×××買掛金など×××
商品の販売売掛金など×××商品×××
商品売買益×××

仕訳例

  • 次の取引について分記法により仕訳処理しなさい。
  • 1.A社はB社より商品30万円を掛けで仕入れた。
  • 2.A社はC社へ商品100万円(仕入額75万円)を掛けで販売した。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1商品300,000買掛金300,000
2売掛金1,000,000商品750,000
商品売買益250,000

関連リンク

まとめ

今回は分記法による商品売買取引の仕訳処理について解説しました。基本的な問題を解けるようにしておきましょう。

戻る | 次へ