72.(H31改定)収益と費用その3(給料の明細と仕訳処理)(簿記3級)

更新日:2019年9月20日
公開日:2018年4月11日

(H31改定)給料の仕訳処理(3級)

※平成31年の改定によって、平成31年(令和元年)以降、簿記3級の試験範囲に「法定福利費」が新たに追加されました。

前回、「商業簿記入門その71~収益と費用その2(発送費の仕訳処理)(3級)」では、収益と費用のうち、発送費の仕訳処理について解説しました。

今回は、給料の仕訳処理について説明します。

※簿記3級に出題される勘定科目の一覧を調べたい方は、「勘定科目一覧(簿記2、3級検索データベース」をご利用ください。




給料とは

給料(きゅうりょう)とは、会社の従業員が受け取る、労働の対価のことをいいます。

言い換えると会社の従業員、いわゆる「会社員」が受け取るお金のことをいいます。従業員とは、会社と「雇用契約(こようけいやく)」を締結した者のことをいいます。

労働の対価(ろうどうのたいか)」とは、会社のために働いたということであり、従業員が会社に対してサービス提供した、ということです。

そのサービスの対価としてお金をもらうということです(労働とお金の等価交換)。

なお、工場で働く工員に対する給料を「賃金(ちんぎん)」ということがあります。簿記2級で学習する工業簿記や原価計算でよく登場する用語です。

【補足】社長や役員の受け取るお金
会社の社長(会社法上では「代表取締役(だいひょうとりしまりやく)」)や役員(会社法では「取締役(とりしまりやく)」「監査役(かんさやく)」)は、会社で働いていますが雇用契約ではなく、「委任(いにん)」という契約を会社と締結します。そこで、経営者や役員が受け取るお金は給料とは区別して、「報酬(ほうしゅう)」といいます(簿記3級の試験範囲ではありませんが、「役員報酬」という勘定科目を使用して仕訳処理するのが一般的です)。




給料の明細と控除項目

給料の仕訳を理解するには、給料の明細に記載してある項目を理解することが近道です。

下記に給料明細のサンプルを掲載しましたのでご覧ください。

この給料明細では、給料の総額が24万円に対して、控除項目が約3万8千円であり、差し引き約20万円がこの従業員の預金口座に振り込まれます。

控除項目の明細を見ると、次の項目が記載されていることがわかります。

  • (1)健康保険
  • (2)厚生年金
  • (3)雇用保険
  • (4)所得税

その他、ここには記載がありませんが、(5)生命保険、(6)社宅家賃の従業員負担、(7)従業員への貸付金の回収なども控除項目になります。




給料の仕訳処理

給料の仕訳処理は、「給料勘定(費用に属する勘定科目)」、従業員預り金勘定、従業員立替金勘定、社会保険料預り金勘定、所得税預り金勘定、従業員貸付金勘定を使用して処理します。

具体的には給料の総額(上述のサンプルでは総支給額の24万円)を給料勘定で借方に記入し、控除項目の金額を差し引いた残額を当座預金や普通預金などの勘定科目で記入します。

控除項目ですが、上述の(1)健康保険、(2)厚生年金、(3)雇用保険といった項目は社会保険料(しゃかいほけんりょう)といい、これらは社会保険料預り金勘定を使って貸方に記入します。

次に上述(4)の所得税は所得税預り金勘定で記入します。

(5)生命保険と(6)社宅家賃の従業員負担は2つのケースを考えます。

もし、会社が給料日前に先に立て替えて、生命保険会社や社宅の大家さんに支払いを済ませていれば、その時に従業員負担分は従業員立替金勘定(立替金勘定でも可)で借方に仕訳処理しているはずです。そして、給料日には、上述サンプルに「生命保険」「社宅家賃」といった控除項目が記載されることになります。従って、「従業員はこの分だけ給料から差し引かれる = 会社が立て替えたお金は会社に返済した」ということですので、給料日に従業員立替金勘定(または立替金勘定)を貸方に記入して、従業員立替金(または立替金)を減少させます。

次にもう1つのケースですが、もし、給料日には会社が生命保険会社や社宅の大家さんに支払いを済ませていない(立替払いしていない)のであれば、これらの項目は従業員預り金勘定(または預り金勘定)で貸方記入します。

最後に(7)従業員への貸付金の回収は、従業員貸付金勘定を貸方に記入します。従業員に貸し付けているお金を給料と相殺する、ということです。

【補足1】社会保険料や源泉所得税を給料から控除する場合の勘定科目について

社会保険料や源泉所得税は、会社が従業員より預かってから、国に納めます。従って立替金ではなく預り金になります。

上述の各種の預り金勘定については、「商業簿記入門その28~立替金と預り金の仕訳処理(3級)」にて解説しています。また、社会保険料や源泉税については、「会計入門その15~未払法人税等と預り金」にて詳細を解説しています(やや実務よりの解説)。

【補足2】社宅家賃給料から控除する場合の勘定科目について

上述の社宅家賃の仕訳処理については、支払家賃勘定からマイナス処理する、雑収入として処理するなど、複数の仕訳処理が考えられます。

実務では契約内容や取引の実態から判断しますが、ここでは代表的な仕訳処理を掲げました。出題された場合には問題の指示に従って処理しましょう。

給料の仕訳処理(まとめ)

給料の仕訳処理をまとめると次の通りになります。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
給料の支払い給料×××当座預金など×××
従業員預り金(※1)×××
社会保険料預り金×××
所得税預り金×××
従業員貸付金×××

※1:預り金勘定でも可。なお、生命保険や社宅家賃を会社が先に支払っていた場合には、従業員立替金(立替金も可)になります。




(H31改定)社会保険料の納付

上記の【補足1】で説明しましたが、社会保険料は会社が従業員より預かって国に納付します。

国に納付するタイミングは、「給与を支払った翌月」と覚えておけば簿記3級では差し支えありません(実務では異なる場合があります)。

この従業員から預かった社会保険料は、預り金勘定で仕訳処理します。

この社会保険料ですが、従業員から預かる分(従業員負担分といいます)だけでなく、会社が負担する部分も存在します(これを会社負担分といいます)。

会社の従業員として働くと、社会保険料を全額支払わずに、およそ半分を会社が負担してくれるのです。

すなわち上に掲載した給料明細のうち、「健康保険料11,964円」「厚生年金20,969円」「雇用保険1,200円」といった社会保険料は、本来の社会保険料のおそよ半分の金額ということです。

残りのおよそ半分は会社が費用として負担して、従業員から預かった社会保険料と一緒に国に納付します。

(H31改定)社会保険料の納付に関する仕訳処理

社会保険料の納付は、社会保険料預り金勘定、「法定福利費(ほうていふくりひ)勘定(費用に属する勘定科目)」、「未払〇〇勘定(負債に属する勘定科目)」、および現金や預金などの勘定科目を使用して仕訳処理します。

まず、従業員から預かった社会保険料は、給与を支払った時に、社会保険料預り金勘定(負債に属する勘定科目)を貸方に記入して仕訳処理しています。

そこで、社会保険料を納付する際には、この負債である社会保険料預り金が減少することになるので、借方に社会保険料預り金勘定を記入します。

次に会社負担分の社会保険料ですが、借方に法定福利費勘定を記入して費用計上します。

最後に、社会保険料の総額(従業員から預かった分 + 会社負担分)を預金勘定や現金勘定を使用して貸方に記入します。

(H31改定)未払〇〇勘定を使用して法定福利費勘定を仕訳処理する方法について

上の方法は、社会保険料を国に納付する時に、法定福利費を費用として計上する方法です。

これに対して、「給与を支払った時に法定福利費を計上する方法」もあります。

この場合には、上で解説した給与支払いの仕訳処理に追加して、借方に法定福利費勘定、貸方に未払〇〇勘定を記入して仕訳処理します。

そして翌月になって社会保険料を納付する時には、会社負担分の金額については未払〇〇勘定を記入して仕訳処理します。

(H31改定)社会保険料の納付の仕訳処理(まとめ)

社会保険料の納付の仕訳処理をまとめると次の通りになります。

方法出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
未払〇〇勘定を使用しない方法社会保険料の納付従業員預り金×××現金、預金の勘定×××
法定福利費×××
未払〇〇勘定を使用する方法給与の支払法定福利費×××未払〇〇(※1)×××
社会保険料の納付従業員預り金×××現金、預金の勘定×××
未払〇〇(※1)×××

※1:未払〇〇は、「未払法定福利費」「未払費用」などが考えられます。問題の指示に従ってください。




仕訳例

A社は給料日を迎え、給与総額から控除項目を差し引いた金額を当座預金から各従業員の口座に振り込んだ

  • ・給与総額1,000万円
  • ・社会保険料150万円
  • ・源泉所得税80万円
  • ・生命保険20万円

※生命保険はA社が生命保険会社へ立て替え払い済み。この時に「(借方)従業員立替金 20万円 (貸方)普通預金 20万円」の仕訳をきっている。

なお、会社が負担する社会保険料を計算した結果、150万円となった。

給料日の翌月に社会保険料を普通預金口座より振り込んで納付している。

<方法1>未払〇〇勘定を使用せずに法定福利費を計上する場合

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
給料の支払給料10,000,000当座預金7,500,000
従業員立替金200,000
社会保険料預り金1,500,000
所得税預り金800,000
社会保険料の納付社会保険料預り金1,500,000普通預金3,000,000
法定福利費1,500,000

<方法2>未払〇〇勘定を使用して法定福利費を計上する場合

※問題文に「未払費用勘定」を使用するように指示があった場合

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
給料の支払給料10,000,000当座預金7,500,000
従業員立替金200,000
社会保険料預り金1,500,000
所得税預り金800,000
法定福利費1,500,000未払費用1,500,000
社会保険料の納付社会保険料預り金1,500,000普通預金3,000,000
未払費用1,500,000



関連リンク

まとめ

今回は給料の仕訳処理について解説しました。覚えることが多いので給料明細をイメージしながら勘定科目を覚えましょう。







戻る | 次へ

一覧


【運営者情報・免責事項】



簿記入門ガイド

関連リンク

会計入門
~実務に役立つ会計の入門

決算書が読めるようになるサイト。「実務に役立つシリーズ」第1弾!!

原価計算入門
~簿記資格の学習を支援

衣服メーカーを例に分かりやすく解説。「実務に役立つシリーズ」第2弾!!

会計ヘッジ
将来リスクを回避するためのサイト

会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

個人事業主の確定申告入門
~青色申告で節税する会計帳簿の作り方

個人事業主の青色申告について、仕訳や帳簿作成を中心に解説