工業簿記2級 直接原価計算のP/L作成|問題と解説(日商簿記2級)

更新日:2020年9月2日
作成日:2020年8月31日

今回は、直接原価計算のP/L作成の問題を掲載して解説します。

※この「原価計算入門」のサイトでは、2級レベルの工業簿記を、衣服メーカーを例として毎回解説しています。

種類別の勘定連絡図(個別、総合、標準、直接)

クリックすると、実際個別原価計算、実際総合原価計算、標準原価計算、直接原価計算それぞれの勘定連絡図(簿記2級で出題される典型的なケース)が別窓で開きます。

今回の学習はココ

直接原価計算のP/L作成の問題を掲載して解説します。工業簿記(原価計算)の種類でいうと直接原価計算の手続きに該当します。

直接原価計算(ちょくせつげんかけいさん)とは、コストを変動費と固定費に分類して原価を集計して損益計算書を作成する原価計算制度をいいます。

原価や費用設定の際に、短期的にコントロール可能な変動費と、すぐには増減させることができない固定費とを分類することで、より実現可能となる適切な原価・費用の目標を設定できるので、「目標利益→目標売上高→適切な目標製品単価」と合理的な計画を策定できます。

直接原価計算のP/L作成と固定費調整

全部原価計算のP/Lやデータを元にして、製品の固定費を調整することで直接原価計算のP/Lを作成します。

「変動売上原価」「変動製造マージン」「貢献利益」といった直接原価計算特有のP/L表示科目を使います。

直接原価計算の詳細な解説は下記の記事を参照。

問題例(直接原価計算のP/L作成)

今回は設例を用いて解説します(理解を深めるための問題)。

2.固定費データ

項目含まれる固定費(円)
期首製品有高67,000
当期製品製造原価585,200
期末製品有高82,500
販売費及び一般管理費240,000

解答

解説1-直接原価計算のP/L表示科目

全部原価計算の損益計算書(一般的なP/L)と比較すると、直接原価計算のP/Lは表示科目に特徴があります。

直接原価計算のP/L

従って、本問の直接原価計算P/Lのうち、表示科目の穴埋めは次の通り。

解説2-変動売上原価の内訳と変動販売費

直接原価計算の売上原価は「変動売上原価」という表示科目の通り、固定費は含めずに変動費のみで構成されます。

従って、全部原価計算のP/Lの各売上原価の内訳金額から「2.固定費データ」の金額を差し引けば、計算できます。

変動販売費も同様です。

これらの金額を加減計算すれば、「合計」「差引」「変動製造マージン」「貢献利益」も求まります。

ただし、これまでに解説してきた通り、変動費のみであり、固定費が含まれない点がポイントです。

解説3-固定費の計算

直接原価計算のP/Lでは、「2.固定費データ」のうち「当期に発生した固定費」のみを計上します。

「2.固定費データ」のうち、当期に発生した固定費は「期首製品有高 67,000円」を除く3項目。

しかし、「期末製品有高 82,500円」は「当期製品製造原価 585,200円」に含まれています。「期末製品有高 82,500円」も含めてしまうと、82,500円だけ2重に計上してしまうことになります。

この点については、「売上原価 = 期首製品有高 + 当期製品製造原価 - 期末製品有高」で売上原価を計算しますが、この計算式の期末製品有高は当期製品製造原価の金額から期末製品の金額を差し引くために存在していることから理解できるはずです。

従って、当期に発生した固定費は「当期製品製造原価 585,200円」と「販売費及び一般管理費 240,000円」の合計になります。

最後の営業利益も求まりますので、これですべて解答できました。

解説4-営業利益の固定費調整(検算)

次の計算式を使って、計算が正しいかどうか検算しておきましょう。

計算式を暗記だけに頼るとプラスマイナスを反対に覚えてしまう可能性がありますので、問題を解く度に考えて計算式を確認します。

この計算式を本問に当てはめると次の通り。

直接原価計算の営業利益が正しいことが確認できました。

次の問題と解説

本社工場会計について解説します。他の論点も含めて勘定連絡図や仕訳を理解できているかどうかがポイント。

関連記事

ページトップへ