定率法と計算方法

定率法と計算方法を解説します。

定率法とは

定率法とは、減価償却費の計算方法の1つです。有形固定資産は毎期、期首未償却残高に一定率を乗じた額を費消する、という仮定に基づいて減価償却費を計算し費用計上します。

他にも定額法や生産高比例法などの方法があります。

減価償却とは

(正規の)減価償却とは、有形固定資産の取得原価を耐用年数に基づき、所定の計算方法に従って、毎期、計画的かつ規則的に費用配分する手続きをいいます。

定率法の特徴

初年度の減価償却費が最も多く、年数が経過するにつれ少なくなります。

計算方法

次の通り。

償却率は耐用年数表で調べます。

税務上の定率法

税制改正が行われた結果、有形固定資産の取得年月日によって3種類の定率法を適用します。どの方法でも上記の計算方法によりますが、償却率など詳細が異なります。

ページトップへ