日商簿記2級 圧縮記帳と仕訳|直接控除方式

更新日:2021年1月4日
公開日:2017年12月30日

前回は有形固定資産の割賦購入と仕訳について解説しました。

今回は有形固定資産の圧縮記帳と仕訳(直接控除方式)について説明します。

圧縮記帳とは

会社が固定資産を購入する場合に、国や地方公共団体に申請を行うことでお金を貰えることがあります。

このお金には、国庫補助金(こっこほじょきん)や工事負担金(こうじふたんきん)などの種類があります。

圧縮記帳(あっしゅくきちょう)とは、国などから受けた国庫補助金等を使って固定資産の取得価額を減額する処理をいいます。

記帳方法について

圧縮記帳の処理方法には直接控除方式と積立金方式があります。日商簿記2級の試験範囲は直接控除方式です。

※積立金方式は日商簿記1級の試験範囲。

そこで今回は直接控除方式の仕訳について解説します。

圧縮記帳の仕訳

国などから補助金などを受け取った場合には、種類に応じて「国庫補助金受贈益(こっこほじょきんじゅぞうえき)勘定」や「工事負担金受贈益(こうじふたんきんじゅぞうえき)勘定」を用いて記帳します(どちらも収益に属する勘定科目)。

固定資産を減額するため貸方に固定資産の勘定科目を記入し、借方には「固定資産圧縮損(こていしさんあっしゅくそん)勘定(費用に属する勘定科目)」を記入します。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
補助金などの受取現金預金など×××国庫補助金受贈益
又は工事負担金受贈益
×××
圧縮記帳の適用固定資産圧縮損×××建物、備品など

仕訳例

  • 1.×1年 4月 1日 A社は、国より補助金50万円を受け取り当座預金に預けた。
  • 2.×1年10月 1日 A社は、備品500万円を購入し、上述1.の補助金を充当し残額は来月支払うことにした。この備品について圧縮記帳(直接控除方式)による処理を行う。
  • 3.×2年 3月31日 A社は決算を迎えた。上述2.の備品については残存価額ゼロ、耐用年数8年の定額法で減価償却を行う。※間接法により処理すること。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1当座預金500,000国庫補助金受贈益500,000
2備品5,000,000未払金5,000,000
固定資産圧縮損500,000備品500,000
3減価償却費562,500備品減価償却累計額562,500

まとめ

今回は、有形固定資産の圧縮記帳と仕訳について解説しました。反復演習で覚えていきましょう。

☆フォローお願いします
簿記2級・3級のスケジュール進捗管理に〇

過去問30回を分析した仕訳問題集

価格:480円(Kindle Unlimited対象商品)

ページトップへ