日商簿記3級 有形固定資産の取得と修繕費・資本的支出の仕訳

更新日:2021年1月4日
公開日:2017年12月24日

前回は商品有高帳について総平均法による記帳と棚卸減耗や商品評価損とその仕訳について解説しました。

今回は有形固定資産の取得と修繕費や資本的支出の仕訳について説明します。

有形固定資産とは

有形固定資産(ゆうけいこていしさん)とは、長期間保有して使用するような資産(= 「固定資産」といいます)のうち、有形、すなわち形が目に見える固定資産のことをいいます。

具体的には、「建物」「備品」「車両運搬具」「土地」などが有形固定資産に該当します。

【補足】固定資産の種類
固定資産には、有形固定資産以外に「無形固定資産」と「投資その他の資産」が存在します(日商簿記2級の範囲)。

有形固定資産の取得

モノやサービスを購入する(= 「取得する」と置き換えて差し支えありません)ためにかかるお金を「取得原価(しゅとくげんか)」といいます。

有形固定資産を取得した場合には、まずは取得原価を計算します。

有形固定資産の取得原価

有形固定資産の取得原価には、有形固定資産自体の買入価額(かいいれかがく。購入代価。こうにゅうだいか、とも)以外にも運賃(= 「送料」と考えて差し支えありません)や仲介手数料など、有形固定資産を取得してから、使用するまでにかかったお金も含めます。

この運賃や仲介手数料のことを「付随費用(ふずいひよう)」といいます。

例えば、インターネットショッピングで棚3万円を購入した場合には自宅に届くまでの送料2千円がかかるとします。

すると、棚自体の買入価額は3万円ですが実際に棚を使用するには自宅まで棚が届かないといけません。

従って、「買入価額30,000円 + 運賃(送料)2,000円 = 32,000円」がこの棚の取得原価です。

修繕と資本的支出

有形固定資産を取得した後に、その有形固定資産について追加の支出を行った場合について、2つのケースに分けて考えます。

1つ目のケースは、建物の改築や増築といったように、その有形固定資産の価値を増加させたり、または使用年数( = 「耐用年数(たいようねんすう)」といいます)が延びるなどの効果があるケースです。

これを「資本的支出(しほんてきししゅつ)」といい、支出額をその有形固定資産の取得原価に加えます。

2つ目のケースは、建物の修理など、その有形固定資産の価値や耐用年数を維持する効果があるケースです。

これを「修繕(しゅうぜん)」または「収益的支出(しゅうえきてきししゅつ)」といい、支出額は修繕費(費用)として処理します。

有形固定資産の取得と修繕費・資本的支出の仕訳

有形固定資産を取得した場合や資本的支出の場合には、借方に「建物勘定」「備品勘定」「車両運搬具勘定」「土地勘定」など、その有形固定資産を表す勘定科目を記入するとともに、貸方には現金預金や未払金勘定など、支出を表す勘定科目を記入します(全て資産に属する勘定科目)。

上述の通り、取得した場合には取得原価にて金額を記入します。上述の通り、取得原価には運賃などの付随費用を含めます。

次に修繕(収益的支出)の場合には、借方に「修繕費勘定(費用に属する勘定科目)」を使用して記入します。貸方には支出を表す勘定科目を記入します。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
取得建物、備品など×××現金預金、未払金など×××
資本的支出建物、備品など×××現金預金、未払金など×××
修繕修繕費×××現金預金、未払金など×××

仕訳例

  • 1.A社はB社より建物1千万円を購入した。仲介手数料50万円と合わせて当座預金より代金を支払った。
  • 2.A社はC社より机30万円を購入した。代金は来月末に支払うこととし、運賃5,000円は現金で支払った。
  • 3.A社はD社より自動車200万円を購入した。登録手数料5万円とともに、小切手を振り出してD社に渡した。
  • 4.A社が保有する建物について改築を行い、その支出額3百万円は普通預金より支払った。この改装は建物の価値を高めることが確認された。
  • 5.A社が保有するPCが破損し、修理代金2万円を現金で支払った。このPCは備品に計上されている。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1建物10,500,000当座預金10,500,000
2備品305,000未払金300,000
現金5,000
3車両運搬具2,050,000当座預金2,050,000
4建物3,000,000普通預金3,000,000
5修繕費20,000現金20,000

まとめ

今回は、有形固定資産の取得と修繕費・資本的支出の仕訳について解説しました。反復演習で覚えていきましょう。

☆フォローお願いします
簿記2級・3級のスケジュール進捗管理に〇

<広告>PDCA会計の電子書籍

会計や簿記の電子書籍を出版しています。

Amazon Kindleと楽天Koboから発売(販路拡大中)。

過去問30回を分析した仕訳問題集

本Webサイトのコンテンツよりも品質を高めた基本テキスト

本Webサイトとは解説も図表も異なる、分かりやすいオリジナルの工業簿記テキスト

本サイトの解説をまとめた会計の入門書籍

ページトップへ